ATPランキング試算(2018年1月・全豪オープン後)


2018年1月15日~28日にメルボルン(オーストラリア)で開催されるグランドスラム「全豪オープン」。

今回はランキング上位30名の全豪オープン後の1月29日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年1月29日付のランキング試算

はじめに、1月29日付のランキングについて、2017年の全豪オープンでのポイントが1月29日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ変わる形となります。

2017年 全豪オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年の全豪オープンの結果を振り返ります。

怪我から復帰したフェデラー選手とナダル選手が見事な復活を果たし、フェデラー選手が優勝、ナダル選手が準優勝。

ディミトロフ選手とワウリンカ選手がベスト4。

当時世界ランキング1位だったマレー選手が4回戦敗退、2位ジョコビッチ選手が2回戦敗退の大波乱が起きる中、フェデラー選手とナダル選手の復活劇もあり、全豪オープン後の2017年シーズンを象徴するような大会となりました。

順位選手名1月15日
point
2017
全豪オープン
1ナダル10,600準優勝
2フェデラー9,605優勝
3ディミトロフ4,990ベスト4
4A.ズベレフ4,6103回戦
5ティエム4,0604回戦
6チリッチ3,8052回戦
7ゴファン3,775ベスト8
8ワウリンカ3,060ベスト4
9ソック2,9603回戦
10デルポトロ2,725欠場
11カレーニョ ブスタ2,6153回戦
12アンダーソン2,610欠場
13クエリー2,5353回戦
14ジョコビッチ2,3352回戦
15ツォンガ2,320ベスト8
16イズナー2,2652回戦
17キリオス2,2602回戦
18プイユ2,2351回戦
19マレー2,1404回戦
20ベルディヒ2,0503回戦
21バウティスタ アグート2,0154回戦
22ラモス ビノラス1,8451回戦
23ラオニッチ1,750ベスト8
24錦織 圭1,7354回戦
25フォニーニ1,7152回戦
26シュワルツマン1,6752回戦
27マナリノ1,6251回戦
28ミュラー1,4902回戦
29コールシュライバー1,4153回戦
30ズムル1,3911回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名1月15日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル10,6001,2009,400
2フェデラー9,6052,0007,605
3ディミトロフ4,9907204,270
4A.ズベレフ4,610904,520
5ティエム4,0601803,880
6チリッチ3,805453,760
7ゴファン3,7753603,415
8ワウリンカ3,0607202,340
9ソック2,960902,870
10デルポトロ2,72502,725
11カレーニョ ブスタ2,615902,525
12アンダーソン2,61002,610
13クエリー2,535902,445
14ジョコビッチ2,335452,290
15ツォンガ2,3203601,960
16イズナー2,265452,220
17キリオス2,260452,215
18プイユ2,235102,225
19マレー2,1401801,960
20ベルディヒ2,050901,960
21バウティスタ アグート2,0151801,835
22ラモス ビノラス1,845101,835
23ラオニッチ1,7503601,390
24錦織 圭1,7351801,555
25フォニーニ1,715451,670
26シュワルツマン1,675451,630
27マナリノ1,625101,615
28ミュラー1,490451,445
29コールシュライバー1,415901,325
30ズムル1,391101,381
  • 1月15日ポイント
  • 2018年1月15日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年1月29日に失効日を迎える2017年の全豪オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「1月15日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年の全豪オープンのポイントを加算すれば、次回発表される1月29日付のATPランキングと同じになります。

全豪オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル9,400
2フェデラー7,605
3A.ズベレフ4,520
4ディミトロフ4,270
5ティエム3,880
6チリッチ3,760
7ゴファン3,415
8ソック2,870
9デルポトロ2,725
10アンダーソン2,610
11カレーニョ ブスタ2,525
12クエリー2,445
13ワウリンカ2,340
14ジョコビッチ2,290
15プイユ2,225
16イズナー2,220
17キリオス2,215
18マレー1,960
18ツォンガ1,960
18ベルディヒ1,960
21バウティスタ アグート1,835
21ラモス ビノラス1,835
23フォニーニ1,670
24シュワルツマン1,630
25マナリノ1,615
26錦織 圭1,555
27ミュラー1,445
28ラオニッチ1,390
29ズムル1,381
30クエバス1,335

<欠場者情報>
マレー選手、錦織選手は2018年全豪オープンを欠場。

1位争い

フェデラー選手が1位に返り咲くには優勝が最低条件で、さらにナダル選手が1~4回戦で敗退した場合、フェデラー選手の1位が確定。

それ以外でナダル選手の1位が確定。

3位以下の争い

暫定3位のA.ズベレフ選手と暫定4位のディミトロフ選手は、今後も第4シード以内を確保するためにもいい結果が欲しいところですが、A.ズベレフ選手の方は4回戦であたる可能性があるジョコビッチ選手との対戦が一つの山となりそうです。

トップ10争いでは、暫定8位のソック選手から暫定17位のキリオス選手までが655ポイント差と混戦となっているので、今大会後にまた大きく順位が入れ替わっているかもしれません。

そして、ジョコビッチ選手は今大会が怪我からの復帰戦となりますが、4回戦(予想A.ズベレフ戦)を突破すればトップ10復帰が近づき、さらに昨年のフェデラー選手とナダル選手のような見事な復活劇を見せることができるのか注目です。

2018年 全豪オープンの結果

2018年全豪オープンの1回戦から決勝までの結果です。

コメント