【ウィンブルドン】3回戦「錦織 vs バウティスタアグート」の結果(2017年)

2017年ウィンブルドン(ロンドン)の3回戦の錦織圭選手の対戦相手は、世界ランキング19位のロベルト・バウティスタアグート選手。

錦織選手とバウティスタアグート選手のプレイヤー情報、3回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報(3回戦)

過去の対戦成績は、錦織選手の4勝0敗。

直近の試合は2016年のマイアミ・オープンの4回戦で、錦織選手が6-3、6-3のストレートで勝利。

過去の対戦成績については、選手名鑑『 ロベルト・バウティスタ・アグート 』で紹介しています。

芝では初対戦となります。

※2017年7月3日時点

錦織 圭バウティスタアグート
4 勝対戦成績0 勝
9位(4位)最新ランキング(最高)19位(13位)
日本国籍スペイン
27歳年齢29歳
1989年12月29日生年月日1988年4月14日
178cm / 75kg身長 / 体重183cm / 76kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2007年プロ転向2005年
25勝10敗2017年成績26勝11敗
0回2017年優勝回数1回
326勝152敗通算成績190勝120敗
11回通算優勝回数5回

3回戦「錦織vsバウティスタアグート」の結果

ウィンブルドン 3回戦(2017年7月7日)
[9] 錦織 圭 (9位)146363
[18] ロベルト・バウティスタアグート (19位)367736
試合時間:3時間21分

第1セットと第2セットは錦織選手に何度もブレイクチャンスがありましたが、なかなかあと1本が出ないという展開の中、バウティスタアグート選手が強力なフォアハンドを武器に粘りのあるすばらしいプレーを見せて2セット連取。

第3セットはこの試合10回目となるブレイクポイントをようやくモノにした錦織選手が取り返すものの、最後まで勢いが衰えなかったバウティスタアグート選手が第4セットを取って勝利。

錦織選手が早い段階でブレイクできていれば違った展開になっていたかもしれませんが、第1セットを錦織選手が自滅で落とし、逆にピンチでも粘りを見せていたバウティスタアグート選手にやれるという自信を付けさせてしまったかなと思います。

そして、第2セット以降もすばらしい集中力で戦い続けたバウティスタアグート選手に対して、錦織選手は第2セットでブレイクチャンスをなかなかモノにできずにセットを落とし、第4セットではダブルフォルトが絡んで2回もブレイクを許すなど、バウティスタアグート選手を上回るパフォーマンスを発揮することができませんでした。

錦織試合全体B アグート
5サービスエース3
7ダブルフォルト3
88/146 (60%)ファーストサーブ確率97/146 (66%)
62/88 (70%)1st Serve Points Won73/97 (75%)
30/58 (52%)2nd Serve Points Won23/49 (47%)
26/37 (70%)ネットポイント16/31 (52%)
2/11 (18%)ブレイク / チャンス3/11 (27%)
52Winners40
48Unforced Errors29
142Total Points Won150
グラウンドストローク
12FH Winners16
13BH Winners3
14FH Forced Errors18
10BH Forced Errors8
18FH Unforced Errors11
20BH Unforced Errors13

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:自分が取得した全ポイント。
・FH:フォアハンド
・BH:バックハンド

セットごとに試合を振り返っていきます。(振り返りでは「選手」は略)

第1セット

バウティスタアグート(Bアグート)のサービスで試合開始。

第1ゲーム、Bアグートがキープ。

第2ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ストローク勝負では錦織が上回り30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、Bアグートが凌いでデュースへ。
デュースになって錦織にブレイクチャンスがありましたが、Bアグートがキープ。

第4ゲーム、錦織のサービスエースが決まるなど、錦織がキープ。

第5ゲーム、Bアグートの2本のサービスエースなどがあり、Bアグートがキープ。

第6ゲーム、錦織のミス、Bアグートのすばらしいショットがあり30-40とBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織がピンチを凌いでキープ。

第7ゲーム、錦織の上手いドロップショット返し、鋭いアングルのフォアハンドのウィナーが決まるなど30-30まで行きますが、Bアグートがキープ。

第8ゲーム、錦織がキープ。

第9ゲーム、Bアグートのダブルフォルト、錦織のドロップショット、リターンからの攻めが決まるなどデュースへ。
デュースになって錦織にブレイクチャンスがありましたが、Bアグートがキープ。

第10ゲーム、40-15から錦織の連続ミスでデュースへ。
デュースになって錦織のミスでBアグートにセットポイントが来ると、最後も錦織のミスでBアグートが第1セットを先取。

第1セット
123456789101112
錦織4
B アグート6
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

錦織の方が優位に試合を進めていましたが、リターンでチャンスを作りながらモノにできず、第10ゲームに錦織がいきなり崩れてブレイクを許してセットダウン。

Bアグートに勢いを付けさせる第1セットの終わり方となってしまいました。

錦織第1セットB アグート
1サービスエース3
0ダブルフォルト1
19/32 (59%)ファーストサーブ確率25/37 (68%)
14/19 (74%)1st Serve Points Won19/25 (76%)
7/13 (54%)2nd Serve Points Won5/12 (42%)
7/7 (100%)ネットポイント4/8 (50%)
0/3 (0%)ブレイク / チャンス1/2 (50%)
11Winners12
13Unforced Errors7
34Total Points Won35
グラウンドストローク
2FH Winners6
4BH Winners0
2FH Forced Errors5
2BH Forced Errors4
6FH Unforced Errors2
7BH Unforced Errors4

第2セット

Bアグートのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、Bアグートが凌いでデュースへ。
デュースになって錦織も粘りを見せブレイクチャンスが1回ありましたが、Bアグートがキープ。

第2ゲーム、錦織がキープ。

第3ゲーム、Bアグートがキープ。

第4ゲーム、40-30から錦織のダブルフォルトでデュースまで行きますが、錦織がキープ。

第5ゲーム、錦織がしっかりとリターンを返してポイントにつなげ、15-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、Bアグートが4連続ポイントでキープ。

第6ゲーム、錦織のダブルフォルトやミスなどがあり30-40とBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織がバックハンドのクロスへのウィナーを決めてデュースへ。
錦織のダブルフォルトで再びBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織がドロップショットを決めて凌ぐと、最後はサービスエースを決めて錦織が何とかキープ。

第7ゲーム、デュースとなってBアグートにミスが出て錦織にブレイクチャンスが来ますが、Bアグートがキープ。

第8ゲーム、錦織がキープ。

第9ゲーム、Bアグートがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第11ゲーム、Bアグートがキープ。

第12ゲーム、錦織がしっかりとキープして、タイブレークへ。

タイブレーク、お互いサービスキープを続け、3-3から錦織のサービス2本目。
Bアグートがラインギリギリのショットで錦織を崩してから最後はボレーを決めて、Bアグートがミニブレイクに成功。

Bアグートがサービス2本をキープして、6-3とBアグートがリードして錦織のサービス2本。
1本目、Bアグートがリターンから攻めてポイントを取り、Bアグートが第2セットも連取。

第2セット
123456789101112T
錦織36
B アグート77
○:サービスキープ、●:ブレイク、T:タイブレーク

ピンチの場面でしっかりファーストサーブを入れて凌ぐなどBアグートも良かったと思いますが、第1セットに続いて錦織が大事なポイントを取りきれない展開が続きました。

錦織第2セットB アグート
2サービスエース0
3ダブルフォルト0
26/42 (62%)ファーストサーブ確率37/51 (73%)
21/26 (81%)1st Serve Points Won26/37 (70%)
9/16 (56%)2nd Serve Points Won10/14 (71%)
10/16 (63%)ネットポイント7/13 (54%)
0/5 (0%)ブレイク / チャンス0/2 (0%)
15Winners10
13Unforced Errors12
45Total Points Won48
グラウンドストローク
2FH Winners4
2BH Winners1
7FH Forced Errors5
2BH Forced Errors1
2FH Unforced Errors5
6BH Unforced Errors5

第3セット

錦織のサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、錦織のミス、Bアグートのすばらしいショットなどがあり30-40とBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織が凌いでデュースへ。
デュースになってBアグートにブレイクチャンスがありましたが、錦織が何とかキープ。

第2ゲーム、Bアグートがキープ。

第3ゲーム、0-30とBアグートにポイントを先行されますが、錦織のサーブからの組み立てやサービスエースなどがありデュースへ。
錦織のバックハンドのクロスへのウィナーが連続で決まって、錦織がキープ。

第4ゲーム、30-30までいきますが、Bアグートがキープ。

第5ゲーム、40-0から2本取られますが、錦織がキープ。

第6ゲーム、デュースまでいきますが、Bアグートがキープ。

第7ゲーム、錦織がキープ。

第8ゲーム、30-15から錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナー、Bアグートのミスで錦織にブレイクチャンスが来ますが、Bアグートが凌いでデュースへ。
デュースになって錦織が再びブレイクポイントを握ると、リターンから攻めてドロップショットが決まり、錦織がブレイクに成功。

第9ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
30-0から錦織のダブルフォルトやミスなどがあり、30-40とBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織がフォアハンドの逆クロスへのウィナーを決めてデュースへ。
アドバンテージとなって錦織がフォアハンドの逆クロスへのウィナーを決めてキープし、第3セットを奪取。

第3セット
123456789101112
錦織6
B アグート3
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

第8ゲームに錦織がこの試合10回目のブレイクポイントをようやくモノにしましたが、ブレイク直後のサービングフォーザセットでダブルフォルトやミスが出て土壇場でブレイクバックを許しそうになるなど、なかなか錦織も乗り切れません。

錦織第3セットB アグート
2サービスエース0
1ダブルフォルト0
25/42 (60%)ファーストサーブ確率19/34 (56%)
17/25 (68%)1st Serve Points Won15/19 (79%)
9/17 (53%)2nd Serve Points Won4/15 (27%)
7/10 (70%)ネットポイント3/7 (43%)
1/2 (50%)ブレイク / チャンス0/3 (0%)
19Winners7
13Unforced Errors5
41Total Points Won35
グラウンドストローク
7FH Winners1
5BH Winners1
4FH Forced Errors7
3BH Forced Errors3
7FH Unforced Errors2
4BH Unforced Errors3

第4セット

Bアグートのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、Bアグートのダブルフォルトやミスなどがあり15-40と錦織にブレイクチャンスが来ると、Bアグートの揺さぶりを錦織が広いコートカバーリングで凌いで最後はパッシングショットを決め、錦織がブレイクに成功。

第2ゲーム、30-30まで行きますが、錦織がキープ。

第3ゲーム、40-0からBアグートのダブルフォルト、錦織のリターンエースがありましたが、Bアグートがキープ。

第4ゲーム、錦織のダブルフォルト、Bアグートのバックハンドのウィナー、パッシングショットなどがあり30-40とBアグートにブレイクチャンスが来ます。
Bアグートがロングラリーで打ち勝ってブレイクバックに成功。

第5ゲーム、Bアグートがキープ。

第6ゲーム、40-15からBアグートのフォアハンドのウィナーが連続で決まってデュースへ。
またもBアグートのフォアハンドのウィナーが決まってBアグートにブレイクチャンスが来ますが、3連続でサーブでポイントを取って錦織がキープ。

第7ゲーム、Bアグートがラブゲームでキープ。

第8ゲーム、30-15から錦織の連続ダブルフォルトでBアグートにブレイクチャンスが来ますが、錦織が凌いでデュースへ。
デュースになって錦織のミスで再びBアグートにブレイクチャンスが来ると、Bアグートが攻め切ってブレイクに成功。

第9ゲーム、Bアグートのサービングフォーザマッチ。
40-0とBアグートがマッチポイントを握ると、最後は錦織のミスでBアグートがキープし、Bアグートがセットカウント3-1で勝利。

第4セット
123456789101112
錦織3
B アグート6
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

錦織が先にブレイクに成功して流れが錦織に来るかなというところでしたが、Bアグートはミスが少なく伸びのあるフォアハンドでガンガン攻めてくるなどBアグートの勢いが最後まで落ちてこなかったです。

逆に錦織の方が第4ゲームと第8ゲームをダブルフォルトが絡んでブレイクを許すなど隙を見せてしまいました。

錦織第4セットB アグート
0サービスエース0
3ダブルフォルト2
18/30 (60%)ファーストサーブ確率16/24 (67%)
10/18 (56%)1st Serve Points Won13/16 (81%)
5/12 (42%)2nd Serve Points Won4/8 (50%)
2/4 (50%)ネットポイント2/3 (67%)
1/1 (100%)ブレイク / チャンス2/4 (50%)
7Winners11
9Unforced Errors5
22Total Points Won32
グラウンドストローク
1FH Winners5
2BH Winners1
1FH Forced Errors1
3BH Forced Errors0
3FH Unforced Errors2
3BH Unforced Errors1

錦織の次の出場予定は!?

錦織選手の次の出場予定は、7月31日からワシントンD.C.(アメリカ)で開催されるATP500「シティ・オープン」。

芝シーズンは不完全燃焼で終わりましたが、とりあえずウィンブルドンでは久しぶりに怪我なく終われたのは良かったかなと思います。

得意の北米のハードコートシーズンでの巻き返しを期待したいところです。

コメント