【2017年】マドリード・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定


2017年5月第2週(2017年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」の大会情報(大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表)と放送予定を見ていきます。

最後に錦織選手の過去のムチュア・マドリード・オープンでの成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マドリード・オープン(マスターズ1000)

2002年から2008年までは室内ハードコートで行われていましたが、2009年からクレーコートに変わり男女共催の大会に拡大。

2012年に青色のクレーコートが導入されましたが、滑りやすいといった批判もあり、2013年からは通常の赤土のクレーコートに戻りました。

大会概要

大会名ムチュア・マドリード・オープン
(Mutua Madrid Open)
略名マドリード・オープン(Madrid Open)
カテゴリマスターズ1000
開催期間2017年 5月7日 ~ 5月14日
開催地スペイン/マドリード
会場カハ・マヒカ(Caja Mágica)
サーフェスクレーコート
ドロー56(シングルス)
賞金総額€5,439,350(約6億5730万円)
優勝賞金€1,043,680(約1億2610万円)
日本との時差-7時間(サマータイム中)

※賞金(日本円)について、2017年4月28日時点での1ユーロ120.85円で換算。

歴代優勝者

過去10年の優勝者を紹介します。

大会の最多優勝記録は、ボリス・ベッカー氏とラファエル・ナダル選手の4回。

また、ナダル選手は大会最多の7回の決勝進出となっています。

優勝者
2016ノバク・ジョコビッチ
2015アンディ・マレー
2014ラファエル・ナダル
2013ラファエル・ナダル
2012ロジャー・フェデラー
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル
2009ロジャー・フェデラー
2008アンディ・マレー
2007ダビド・ナルバンディアン

※2008年までは室内ハード、2009年以降はクレーコート。

大会日程

男子は5月6日(土)と7(日)に予選が行われます。
本戦は5月7日(日)から始まり、決勝は5月14日(日)です。

※()内の時間は日本時間

日程男子女子
5月5日(金)予選
5月6日()予選予選・1回戦
5月7日()予選・1回戦1回戦
5月8日(月)1回戦1回戦・2回戦
5月9日(火)1回戦・2回戦2回戦
5月10日(水)2回戦3回戦
5月11日(木)3回戦準々決勝
5月12日(金)準々決勝準決勝
5月13日()準決勝決勝
5月14日()決勝

エントリー選手

出場予定の上位33選手と、各選手の2016年の同大会での結果を紹介します。

<欠場者の情報>
・フェデラー選手は全仏オープン以外のクレー大会は欠場。
・イスナー選手、ジョンソン選手、クエリー選手、デルポトロ選手は欠場。

欠場を発表した選手には、取り消し線を入れています。

※世界ランキングは、2017年5月1日付のランキングです。

選手名Rank2016年
アンディ・マレー1位準優勝
ノバク・ジョコビッチ2位優勝
スタン・ワウリンカ3位2回戦
ロジャー・フェデラー4位不参加
ラファエル・ナダル5位ベスト4
ミロシュ・ラオニッチ6位ベスト8
錦織 圭7位ベスト4
マリン・チリッチ8位不参加
ドミニク・ティエム9位1回戦
ダビド・ゴファン10位1回戦
ジョーウィルフリード・ツォンガ11位3回戦
トマーシュ・ベルディヒ12位ベスト8
グリゴール・ディミトロフ13位1回戦
リュカ・プイユ14位2回戦
ジャック・ソック15位3回戦
ガエル・モンフィス16位2回戦
ニック・キリオス17位ベスト8
ロベルト・バウティスタ アグート18位3回戦
アルベルト・ラモス ビノラス19位2回戦
アレクサンダー・ズベレフ20位不参加
パブロ・カレーニョ ブスタ21位2回戦
イボ・カロビッチ22位1回戦
リシャール・ガスケ23位3回戦
ジョン・イスナー24位不参加
スティーブ・ジョンソン25位1回戦
パブロ・クエバス26位3回戦
サム・クエリー27位3回戦
ジレ・ミュラー28位不参加
ファビオ・フォニーニ29位2回戦
ジル・シモン30位3回戦
ダビド・フェレール31位3回戦
ミーシャ・ズベレフ32位不参加
フアン・マルティン・デルポトロ33位2回戦

2016年シーズンで上位30位だった選手には出場義務があり、怪我などがなければトップ選手は全員が出場。

上位16人にはシードが与えられ、第1~第8シードの選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間の5月5日(金)18:30(日本時間25:30)

ドロー表(PDF)は、『 2017年マドリード・オープンのドロー表 』をご覧ください。

準々決勝での第1シードから第8シードまでのドローは、下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1]マレー vs ティエム[8]
[3]ワウリンカ vs チリッチ[7]

<ボトムハーフ>
[4]ナダル vs ラオニッチ[5]
[2]ジョコビッチ vs 錦織[6]

そして、錦織選手の初戦の相手は、ラモスビノラス選手とシュワルツマン選手の勝者。

モンテカルロ・マスターズでラモスビノラス選手は準優勝、シュワルツマン選手はベスト8と結果を残しており、クレーコーターである両選手のどちらが勝ち上がってきても復帰初戦としては厳しい相手を引いてしまいました。

ただ、この短期間では右手首の怪我は完治していないと思うので、痛みが再発せずに1試合しっかりとプレーができるかの方が気掛かりです。

2017年マドリード・オープンの結果

2017年マドリード・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

2回戦以降の結果の記事では、ドロー表(結果付き)と各ラウンド終了時の暫定ランキングも紹介しています。

放送予定

スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
5月7日()1回戦19:30~(無料)
5月8日(月)1回戦19:00~(無料)
5月9日(火)1回戦・2回戦19:00~(無料)
5月10日(水)2回戦19:00~(無料)
5月11日(木)3回戦19:00~(有料)
5月12日(金)準々決勝19:00~(有料)
5月13日()準決勝23:00~(有料)
5月14日()決勝25:00~(有料)

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
5月8日(月)1回戦19:00~8:00
5月9日(火)1回戦・2回戦21:30~8:00
5月10日(水)2回戦21:30~8:00
5月11日(木)3回戦19:00~8:00
5月12日(金)準々決勝21:30~8:30
5月13日()準決勝22:58~26:00
28:28~7:30
5月14日()ダブルス決勝22:00~24:50
決勝24:50~5:00

NHK・BS1

NHKでは、錦織選手が出場する試合を中心に決勝までBS1で生中継。

日程ラウンド放送時間
5月9日(火)1回戦22:00~(24:00)
5月10日(水)2回戦19:00~(21:00)
5月11日(木)3回戦19:00~(21:00)
5月12日(金)準々決勝19:00~(20:50)
5月13日()準決勝23:00~(24:50)
28:30~(6:30)
5月14日()決勝25:00~(27:00)

錦織選手の過去の成績

最後に、錦織選手のムチュア・マドリード・オープンでの過去の成績を紹介します。

錦織選手は2014年に準優勝、2015年と2016年にベスト4と好成績を残しています。

2014年の決勝ではあのナダル選手を圧倒するプレーを見せ、マスターズ初優勝が見えるくらい試合を優勢に進めていましたが、まさかの怪我での途中棄権となってしまいました。

そして、2015年と2016年は準決勝で戦った相手がマレー選手とジョコビッチ選手で、両選手とも錦織選手を破ってそのまま優勝を果たしています。

結果対戦相手
2016準決勝ノバク・ジョコビッチ
2015準決勝アンディ・マレー
2014準優勝ラファエル・ナダル
2013準々決勝パブロ・アンドゥハル
20111回戦ペレ・リバ

錦織選手はマイアミ・オープンで怪我をした右手首の回復が間に合わず、ATP500バルセロナ・オープンからクレーシーズンを始動する予定でしたが欠場。

2週連続での開催となるマスターズ1000のマドリード・オープンとBNLイタリア国際に出場できるのかまだ分かりませんが、個人的には完治させることを優先して欲しいなと思います。

コメント