【2017年】ロジャーズ・カップの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ)


2017年8月第2週(2017年第32週)にモントリオール(カナダ)で開催されるマスターズ1000「ロジャーズ・カップ(カナダ・マスターズ)」の大会情報(大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表)と放送予定を見ていきます。

最後に錦織選手の過去のロジャーズ・カップでの成績も紹介します。

スポンサーリンク

ロジャーズ・カップ(マスターズ1000)

ロジャーズ・カップは毎年モントリオールとトロントの交互に行われ、2017年の大会は男子がモントリオール、女子がトロントで開催されます。

大会概要

大会名 ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)
別名 カナダ・マスターズ
カテゴリ マスターズ1000
開催期間 2017年 8月7日 ~ 8月13日
開催地 カナダ/モントリオール
会場 ユニプリックス・スタジアム(Uniprix Stadium)
サーフェス ハードコート
ドロー 56(シングルス)
賞金総額 $4,662,300(約5億2,130万円)
日本との時差 -13時間(サマータイム中)

ロジャーズ・カップでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド 獲得ポイント 賞金
優勝 1,000 $894,585(約1億円)
準優勝 600 $438,635(約4,900万円)
準決勝 360 $220,760(約2,470万円)
準々決勝 180 $112,255(約1,260万円)
3回戦 90 $58,295(約650万円)
2回戦 45 $30,730(約340万円)
1回戦 10 $16,595(約190万円)

※賞金(日本円)について、2017年7月26日時点での1ドル111.82円で換算。

歴代優勝者

過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、イワン・レンドル氏の6回(1980、1981、1983、1987、1988、1989)。

優勝者
2016 ノバク・ジョコビッチ
2015 アンディ・マレー
2014 ジョーウィルフリード・ツォンガ
2013 ラファエル・ナダル
2012 ノバク・ジョコビッチ
2011 ノバク・ジョコビッチ
2010 アンディ・マレー
2009 アンディ・マレー
2008 ラファエル・ナダル
2007 ノバク・ジョコビッチ

大会日程

8月5日(土)と8月6日(日)に予選が行われます。

本戦は8月7日(月)から始まり、決勝は8月13日(日)に行われます。

※()内の時間は日本時間

日程 ラウンド 開始時間
8月5日() 予選 10:00(23:00)
8月6日() 予選 10:00(23:00)
8月7日(月) 1回戦 12:30(25:30)
8月8日(火) 1回戦・2回戦 12:30(25:30)
8月9日(水) 2回戦 12:30(25:30)
8月10日(木) 3回戦 12:30(25:30)
8月11日(金) 準々決勝 12:30(25:30)
8月12日() 準決勝 12:30(25:30)
8月13日() 決勝 13:00(26:00)

エントリー選手

出場予定の上位40選手と、各選手の2016年の同大会での結果を紹介します。

<欠場者の情報>
ジョコビッチ選手が右肘の怪我のため2017年シーズンを終えることを7月26日に発表(復帰は2018年)。

ワウリンカ選手が膝の怪我のため2017年シーズンを終えることを8月4日に発表(復帰は2018年)。

マレー選手は臀部(でんぶ)の怪我、チリッチ選手は内転筋の怪我のため欠場。

また、フォニーニ選手、クエバス選手、カロビッチ選手、シモン選手、ベルダスコ選手も欠場となりました。

※世界ランキングは、2017年7月31日付のランキングです。

選手名 Rank 2016年
アンディ・マレー 1位 不参加
ラファエル・ナダル 2位 不参加
ロジャー・フェデラー 3位 不参加
スタン・ワウリンカ 4位 ベスト4
ノバク・ジョコビッチ 5位 優勝
マリン・チリッチ 6位 2回戦
ドミニク・ティエム 7位 2回戦
アレクサンダー・ズベレフ 8位 1回戦
錦織 圭 9位 準優勝
ミロシュ・ラオニッチ 10位 ベスト8
グリゴール・ディミトロフ 11位 ベスト8
ジョーウィルフリード・ツォンガ 12位 不参加
ダビド・ゴファン 13位 3回戦
トマーシュ・ベルディヒ 14位 ベスト8
パブロ・カレーニョ ブスタ 15位 不参加
ロベルト・バウティスタ アグート 16位 不参加
リュカ・プイユ 17位 2回戦
ジョン・イスナー 18位 2回戦
ジャック・ソック 19位 3回戦
ニック・キリオス 20位 1回戦
ジレ・ミュラー 21位 2回戦
ガエル・モンフィス 22位 ベスト4
アルベルト・ラモス ビノラス 23位 不参加
サム・クエリー 24位 2回戦
ファビオ・フォニーニ 25位 2回戦
ミーシャ・ズベレフ 26位 予選2回戦
パブロ・クエバス 27位 不参加
フェリシアーノ・ロペス 28位 不参加
リシャール・ガスケ 29位 不参加
カレン・ハチャノフ 30位 不参加
イボ・カロビッチ 31位 3回戦
フアン・マルティン・デルポトロ 32位 不参加
ダビド・フェレール 33位 不参加
スティーブ・ジョンソン 34位 1回戦
ディエゴ・シュワルツマン 35位 不参加
パオロ・ロレンツィ 36位 不参加
ジル・シモン 37位 不参加
フェルナンド・ベルダスコ 38位 不参加
ブノワ・ペール 39位 1回戦
ライアン・ハリソン 40位 3回戦

上位16人にはシードが与えられ、第1シードから第8シードの選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間の8月4日(金)

ドロー表(PDF)は、『 2017年ロジャーズ・カップのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル vs ラオニッチ [6]
[4] A.ズベレフ vs ツォンガ [8]

<ボトムハーフ>
[3] ティエム vs ディミトロフ [7]
[2] フェデラー vs 錦織 [5]

第10シードのトマーシュ・ベルディヒ選手が試合直前に棄権したため、ラッキールーザーとしてアーネスト・エスコベド選手が代わりに出場となりました。

2017年ロジャーズ・カップの結果

2017年ロジャーズ・カップの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

放送予定

スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。
配信開始時間が分かり次第、追記します。

日程 ラウンド 配信時間
8月8日(火) 1回戦 1:30~(無料)
8月9日(水) 1回戦・2回戦 1:30~(無料)
8月10日(木) 2回戦 1:30~(無料)
8月11日(金) 3回戦 1:30~(有料)
8月12日() 準々決勝 1:30~(有料)
8月13日() 準決勝 4:00~(有料)
8月14日(月) 決勝 5:00~(有料)

・無料での視聴はこちら:スポナビライブ(テニス)

・有料視聴の際の会員登録(初回最大1ヶ月無料)はこちら:スポナビライブ

スポナビライブの視聴ガイド

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
8月8日(火) 1回戦 1:30~12:30
8月9日(水) 1回戦・2回戦 1:30~12:30
8月10日(木) 2回戦 1:30~12:30
8月11日(金) 3回戦 1:30~12:30
8月12日() 準々決勝 1:30~6:30
7:30~12:30
8月13日() 準決勝 3:58~7:30
8:58~12:00
8月14日(月) 決勝(D) 2:00~4:50
決勝(S) 4:50~8:30

※決勝はダブルスも放送予定(D:ダブルス、S:シングルス)

NHK・BS1

NHKでは、BS1で錦織選手が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
8月9日(水) 1回戦 3:00~(5:00)
8月10日(木) 2回戦 1:30~(3:30)
8月11日(金) 3回戦 3:30~(5:50)
8月12日() 準々決勝 3:30~(5:49)
8月13日() 準決勝 4:00~(5:50)
9:00~(10:50)
8月14日(月) 決勝 5:00~(6:50)

<放送予定の対戦カード>
・1回戦「ゴファン vs 杉田祐一」
・2回戦「錦織圭 vs モンフィス」
・3回戦「フェレール vs フェデラー」
・準々決勝「バウティスタアグート vs フェデラー」

錦織選手の過去の成績

最後に、錦織選手のロジャーズ・カップでの過去の成績を紹介します。

2014年は怪我のために欠場となりましたが、2015年と2016年はロジャーズ・カップで好成績を残しており、錦織選手にとって相性の良い大会となっています。

結果 対戦相手
2016 準優勝 ノバク・ジョコビッチ
2015 準決勝 アンディ・マレー
2014 出場なし
2013 3回戦 リシャール・ガスケ
2012 2回戦 サム・クエリー
~2011 出場なし

2015年、準々決勝で第7シードのラファエル・ナダル選手をストレート(6-2、6-4)で破って、準決勝に進出(ナダル選手に初勝利)。
準決勝で第2シードのアンディ・マレー選手に敗れてベスト4。

2016年、2回戦と3回戦をしっかりと勝ち上がり、準々決勝ではグリゴール・ディミトロフ選手をフルセット(6-3、3-6、6-2)の末に破り、準決勝では第2シードのスタン・ワウリンカ選手をストレート(7-6、6-1)で破って決勝に進出。

決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチ選手にストレート(3-6、5-7)で敗れ、準優勝に終わりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする