【2017年】ムチュア・マドリード・オープンの結果(3回戦)

2017年5月第2週(2017年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」の3回戦の放送予定、結果を見ていきます。

錦織選手の試合は、日本時間の5月11日(木)19時に開始予定。

最後にムチュア・マドリード・オープン3回戦後の暫定ランキングも紹介します。

スポンサーリンク

3回戦の放送予定

3回戦は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、3回戦以降は有料になります。

日程 ラウンド 配信時間
5月11日(木) 3回戦 19:00~(有料)

・有料視聴の際の会員登録はこちら(初回最大1ヶ月無料):スポナビライブ

スポナビライブの視聴ガイド

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
5月11日(木) 3回戦 19:00~8:00
5月12日(金) 3回戦(録画) 12:30~15:00

NHK・BS1

NHK・BS1では、3回戦「錦織 vs フェレール」の試合をBS1で生中継の予定。

日程 ラウンド 放送時間
5月11日(木) 3回戦 19:00~(21:00)

2017年マドリード・オープン 3回戦の結果

マスターズ1000「マドリード・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・5月11日(木):3回戦

<開始時間(日本時間)>
・Day Session:19時~
・Night session:27時~

<コート>
・センターコート:Manolo Santana
・第2コート:Arantxa Sanchez Vicario
・第3コート:Estadio 3

※()内の世界ランキングは、2017年5月8日付のランキングです。

3回戦(トップハーフ・マレー山)

[1] アンディ・マレー(1位) 0 3 3
ボルナ・チョリッチ(59位) 2 6 6
[12] グリゴール・ディミトロフ(12位) 1 6 4 69
[8] ドミニク・ティエム(9位) 2 4 6 711

第1シードのマレー選手がチョリッチ選手に敗れ、3回戦で敗退。
期待の若手のチョリッチ選手はラッキールーザーとして勝ち上がって、準々決勝に進出。

マレー選手はアンフォーストエラーが多くストローク勝負では粘り負ける、セカンドサーブ時のポイント取得率が低くサービスゲームが安定しないなど、良いところがまったくなかったです。

第8シードのティエム選手が第12シードのディミトロフ選手をフルセットの末に破り、準々決勝に進出。

ディミトロフ選手は5回あったマッチポイントをモノにできず、惜しくも敗戦。
最後の最後までどちらが勝ってもおかしくない展開で、見応えのある試合でした。

3回戦(トップハーフ・ワウリンカ山)

ブノワ・ペール(52位) 1 5 6 1
パブロ・クエバス(27位) 2 7 0 6
[11] トマーシュ・ベルディヒ(14位) 0 4 4
アレクサンダー・ズベレフ(19位) 2 6 6

アレクサンダー・ズベレフ選手が第11シードのベルディヒ選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

ノーシード同士の対戦で、クエバス選手がペール選手をフルセットの末に破り、準々決勝に進出。

3回戦(ボトムハーフ・ナダル山)

[5] ミロシュ・ラオニッチ(6位) 0 4 2
[9] ダビド・ゴファン(10位) 2 6 6
[16] ニック・キリオス(20位) 0 3 1
[4] ラファエル・ナダル(5位) 2 6 6

第9シードのゴファン選手が第5シードのラオニッチ選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

3回戦唯一のトップ10対決でしたが、ストローク勝負で完全に上を行ったゴファン選手の完勝。
ストローク勝負ではまったくミスをしないゴファン選手相手にラオニッチ選手はポイントを取るパターンが見つからないという感じでした。

第4シードのナダル選手が第16シードのキリオス選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

3回戦(ボトムハーフ・ジョコビッチ山)

「錦織 vs フェレール」の試合は、第2コート(Arantxa Sanchez Vicario)の第1試合で日本時間の5月11日(木)19時に開始予定。

[6] 錦織 圭(8位) 2 6 6
ダビド・フェレール(30位) 0 4 3
フェリシアーノ・ロペス(38位) 0 4 5
[2] ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 6 7

第6シードの錦織選手が地元スペインのフェレール選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

錦織選手の3回戦の結果については、『 錦織 vs フェレール 』の記事で詳しく紹介しています。

【マドリード】3回戦「錦織vsフェレール」の結果(2017年)
2017年マドリード・オープン(マドリード)3回戦の錦織選手の対戦相手は、世界ランキング30位のダビド・フェレール選手。 錦織選手とフェレール選手のプレイヤー情報、3回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

そして、第2シードのジョコビッチ選手が地元スペインのロペス選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

第2セットの5-5からジョコビッチ選手のサービスゲームで0-30とポイントを先行されてからのギアの上げ方はさすがでした。

ロペス選手も苦笑いしかないくらいの驚異的なプレーを見せて流れを一気に持ってくると、直後のリターンゲームであっさりブレイクして試合を決めるなど、強い時のジョコビッチ選手そのままでした。

錦織選手との対戦前に調整完了ということでしょうか・・・。

ドロー表(ベスト32・結果)

3回戦後の暫定ランキング

マドリード・オープン3回戦後の暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
3R後
point
1 マレー 10,270 3回戦 × 90 10,360
2 ジョコビッチ 6,485 3回戦 180 6,665
3 ワウリンカ 5,595 2回戦 × 10 5,605
4 フェデラー 5,035 欠場 0 5,035
5 ナダル 4,195 3回戦 180 4,375
6 ラオニッチ 4,090 3回戦 × 90 4,180
7 チリッチ 3,725 2回戦 × 10 3,735
8 ティエム 3,435 3回戦 180 3,615
9 錦織 圭 3,290 3回戦 180 3,470
10 ゴファン 2,875 3回戦 180 3,055
11 ディミトロフ 2,810 3回戦 × 90 2,900
12 ツォンガ 2,825 2回戦 × 45 2,870
13 ベルディヒ 2,600 3回戦 × 90 2,690
14 ソック 2,360 1回戦 × 10 2,370
15 モンフィス 2,355 1回戦 × 10 2,365
16 プイユ 2,320 1回戦 × 10 2,330
17 A.ズベレフ 2,120 3回戦 180 2,300
18 キリオス 2,065 3回戦 × 90 2,155
19 ラモス V 2,135 1回戦 × 10 2,145
20 B アグート 2,100 1回戦 × 10 2,110
21 C ブスタ 2,080 1回戦 × 10 2,090

「基礎point」:5月8日付のポイントから前年のBNLイタリア国際の失効ポイントを差し引いたポイント(失効日が1週ずれています)

マドリード・オープン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

※1回戦を免除された第1~第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

2017年マドリード・オープン その他の結果