【2017年】ムチュア・マドリード・オープンの結果(2回戦)

2017年5月第2週(2017年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」の2回戦の放送予定、結果を見ていきます。

2回戦から第1~第8シードの選手が登場。
第6シードの錦織選手の試合は、日本時間の5月10日(水)19時に開始予定。

最後にムチュア・マドリード・オープン2回戦後の暫定ランキングも紹介します。

スポンサーリンク

1回戦の放送予定

2回戦は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料で視聴できます。

日程 ラウンド 配信時間
5月9日(火) 1回戦・2回戦 19:00~(無料)
5月10日(水) 2回戦 19:00~(無料)

・無料での視聴はこちら:スポナビライブ(テニス)

スポナビライブの視聴ガイド

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
5月9日(火) 1回戦・2回戦 21:30~8:00
5月10日(水) 2回戦 21:30~8:00
5月11日(木) 2回戦(録画) 13:30~16:00

5月9日(火)と10日(水)のGAORA放送について、17:30~21:30にプロ野球中継が入っているため、テニス中継の開始が21:30~となっています。

GAORAでの放送が始まるまでは、スポナビライブの無料配信の利用をおすすめします。

また、錦織選手の試合時間がプロ野球中継と被っており、生中継はなく11(木)の昼に録画放送が予定されています。

NHK・BS1

NHK・BS1では、2回戦「錦織 vs シュワルツマン」の試合をBS1で生中継の予定。

日程 ラウンド 放送時間
5月10日(水) 2回戦 19:00~(21:00)

2017年マドリード・オープン 2回戦の結果

マスターズ1000「マドリード・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・5月9日(火):1回戦・2回戦
・5月10日(水) :2回戦

<コート>
・センターコート:Manolo Santana
・第2コート:Arantxa Sanchez Vicario
・第3コート:Estadio 3
・第4コート~:Pista 4 ~

※()内の世界ランキングは、2017年5月8日付のランキングです。

1回戦(トップハーフ・マレー山)

[1] アンディ・マレー(1位) 2 6 6
マリウス・コピル(104位) 0 4 3
ボルナ・チョリッチ(59位) 2 7 6
ピエール ユーグ・エルベール(88位) 0 5 4
[12] グリゴール・ディミトロフ(12位) 2 6 7
イボ・カロビッチ(22位) 0 3 5
ジャレド・ドナルドソン(78位) 0 3 4
[8] ドミニク・ティエム(9位) 2 6 6

第1シードのマレー選手がコピル選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第8シードのティエム選手がドナルドソン選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第12シードのディミトロフ選手がカロビッチ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

2回戦(トップハーフ・ワウリンカ山)

[3] スタン・ワウリンカ(3位) 1 5 6 2
ブノワ・ペール(52位) 2 7 4 6
パブロ・クエバス(27位) 2 5 6 6
ニコラ・マユ(48位) 1 7 4 4
[11] トマーシュ・ベルディヒ(14位) 2 77 6
ロビン・ハーセ(45位) 0 65 3
アレクサンダー・ズベレフ(19位) 2 63 6 6
[7] マリン・チリッチ(7位) 1 77 3 4

第3シードのワウリンカ選手がペール選手に敗れて初戦敗退。

前の週にイスタンブール・オープンで優勝したチリッチ選手とBMWオープンで優勝したA.ズベレフ選手の対戦となりましたが、第7シードのチリッチ選手がA.ズベレフ選手に敗れて初戦敗退。

第11シードのベルディヒ選手がハーセ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

ワウリンカ選手とチリッチ選手の早期敗退はよく見かける光景ではありますが、ワウリンカ山で残っているシード選手はベルディヒ選手のみとなりました。

2回戦(ボトムハーフ・ナダル山)

[5] ミロシュ・ラオニッチ(6位) 2 6 6
ジレ・ミュラー(26位) 0 4 4
フロリアン・マイヤー(51位) 0 63 0
[9] ダビド・ゴファン(10位) 2 77 6
[16] ニック・キリオス(20位) 2 6 6
ライアン・ハリソン(47位) 0 3 3
ファビオ・フォニーニ(29位) 1 63 6 4
[4] ラファエル・ナダル(5位) 2 77 3 6

第5シードのラオニッチ選手、第9シードのゴファン選手、第16シードのキリオス選手は全員ストレート勝ちで3回戦に進出。

第4シードのナダル選手がフォニーニ選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

ファイナルセット、ナダル選手が5-3とリードしてサービングフォーザマッチを迎えましたが、フォニーニ選手が土壇場でブレイクバックに成功。
波乱が起きそうな展開でしたが、直後の第10ゲームでナダル選手がブレイクして勝利。

2回戦(ボトムハーフ・ジョコビッチ山)

「錦織 vs シュワルツマン」の試合は、第2コート(Arantxa Sanchez Vicario)の第1試合で日本時間の5月10日(水)19時に開始予定。

[6] 錦織 圭(8位) 2 1 6 6
ディエゴ・シュワルツマン(40位) 1 6 0 4
ダビド・フェレール(30位)
[10] ジョーウィルフリード・ツォンガ(11位) 棄権
ジル・シモン(32位) 1 3 6 63
フェリシアーノ・ロペス(38位) 2 6 3 77
ニコラス・アルマグロ(76位) 1 1 6 5
[2] ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 6 4 7

第6シードの錦織選手がシュワルツマン選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

錦織選手の2回戦の結果については、『 錦織 vs シュワルツマン 』の記事で詳しく紹介しています。

【マドリード】2回戦「錦織vsシュワルツマン」の結果(2017年)
2017年マドリード・オープン(マドリード)2回戦の錦織選手の対戦相手は、世界ランキング40位のディエゴ・シュワルツマン選手。 錦織選手とシュワルツマン選手のプレイヤー情報、2回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

第10シードのツォンガ選手が右肩の怪我により棄権となったため、錦織選手の3回戦の対戦相手はフェレール選手に決まりました。

第2シードのジョコビッチ選手が地元スペインのアルマグロ選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

ファイナルセットでアルマグロ選手に先にブレイクを許す苦しい展開でしたが、ジョコビッチ選手が何とか勝利。

ドロー表(ベスト32・結果)

2回戦後の暫定ランキング

マドリード・オープン2回戦後の暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
2R後
point
1 マレー 10,270 2回戦 90 10,360
2 ジョコビッチ 6,485 2回戦 90 6,575
3 ワウリンカ 5,595 2回戦 × 10 5,605
4 フェデラー 5,035 欠場 0 5,035
5 ナダル 4,195 2回戦 90 4,285
6 ラオニッチ 4,090 2回戦 90 4,180
7 チリッチ 3,725 2回戦 × 10 3,735
8 ティエム 3,435 2回戦 90 3,525
9 錦織 圭 3,290 2回戦 90 3,380
10 ゴファン 2,875 2回戦 90 2,965
11 ディミトロフ 2,810 2回戦 90 2,900
12 ツォンガ 2,825 2回戦 × 45 2,870
13 ベルディヒ 2,600 2回戦 90 2,690
14 ソック 2,360 1回戦 × 10 2,370
15 モンフィス 2,355 1回戦 × 10 2,365
16 プイユ 2,320 1回戦 × 10 2,330
17 A.ズベレフ 2,120 2回戦 90 2,210
18 キリオス 2,065 2回戦 90 2,155
19 ラモス V 2,135 1回戦 × 10 2,145
20 B アグート 2,100 1回戦 × 10 2,110
21 C ブスタ 2,080 1回戦 × 10 2,090

「基礎point」:5月8日付のポイントから前年のBNLイタリア国際の失効ポイントを差し引いたポイント(失効日が1週ずれています)

マドリード・オープン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

※1回戦を免除された第1~第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

2017年マドリード・オープン その他の結果

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする