【シティOP】2回戦「錦織 vs ヤング」の結果(2017年)


2017年シティ・オープン(ワシントンDC)の2回戦の錦織圭選手の対戦相手は、世界ランキング58位のドナルド・ヤング選手。

錦織選手とヤング選手のプレイヤー情報、2回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

最後に錦織選手の3回戦の対戦相手を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報(2回戦)

過去の対戦成績は、錦織選手の5勝0敗。

直近の試合は2017年のBNPパリバ・オープンの4回戦で、錦織選手がセットカウント2-0(6-2、6-4)で勝利。

過去の対戦成績については、選手名鑑『 ドナルド・ヤング 』で紹介しています。

※2017年7月31日時点

錦織 圭ヤング
5 勝対戦成績0 勝
9位(4位)最新ランキング(最高)58位(38位)
日本国籍アメリカ
27歳年齢28歳
1989年12月29日生年月日1989年7月23日
178cm / 75kg身長 / 体重183cm / 79kg
右 / 両手利き手 / バック左 / 両手
2007年プロ転向2004年
27勝11敗2017年成績19勝14敗
0回2017年優勝回数0回
328勝153敗通算成績116勝167敗
11回通算優勝回数0回

2回戦「錦織vsヤング」の結果

シティ・オープン 2回戦(2017年8月1日)
[2] 錦織 圭(9位)26477
ドナルド・ヤング(58位)13665
試合時間:2時間25分

雨の影響で試合開始が予定より4時間程遅れ、試合が始まったのは現地時間23時20分頃。

第1セットはブレイク合戦の展開となる中、錦織選手が要所を締めて第1セットを先取。

第2セット、第1ゲームでヤング選手にブレイクを許すなど錦織選手のサービスゲームが安定せず、ヤング選手が第2セットを奪取。

ファイナルセット、お互いキープの展開となる中で錦織選手に8回もブレイクチャンスがありましたが、あと1本を決めることができずにタイブレークに突入。
錦織選手が先にミニブレイクに成功してリードした状態でゲームを進め、粘るヤング選手を振り切って錦織選手が勝利。

試合が終わったのが現地時間の深夜2時前。

できれば2セットで勝っておきたかったところでしたが、初戦としては難しいコンディションの中での試合となり、錦織選手のストロークが安定せずアンフォーストエラーが目立つなど苦しい試合となってしまいました。

出来が悪い中でもしっかりと勝ち切ってくれたとポジティブにとらえて、次の3回戦までに1日休みがあるので、しっかりと調整してくれればなと思います。

錦織試合全体ヤング
2サービスエース3
3ダブルフォルト0
58%(56/97)ファーストサーブ確率60%(67/111)
61%(34/56)1st Serve Points Won60%(40/67)
56%(23/41)2nd Serve Points Won50%(22/44)
29%(5/17)ブレイク / チャンス57%(4/7)
6/10ネットポイント14/24
51%(106/208)Total Points Won49%(102/208)
30Winner 合計24
19フォアハンド16
9バックハンド4
2サーブ4
40Unforced error 合計28
22フォアハンド17
15バックハンド11
3サーブ0

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:自分が取得した全ポイント。

セットごとに試合を振り返っていきます。(振り返りでは「選手」は略)

第1セット

第1ゲーム、ヤングのストロークミス、錦織のフォアハンドのウィナーが決まり0-40と錦織にブレイクチャンスが来ます。
ヤングが1本凌ぎますが、ヤングのショットがネットにかかり、錦織がブレイクに成功。

第2ゲーム、錦織のストロークミス、ヤングのすばらしいパッシングショットが決まり0-40とヤングにブレイクチャンスが来ます。
錦織が1本凌ぎますが、錦織のショットがネットにかかり、ヤングがブレイクバックに成功。

第3ゲーム、15-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、錦織にミスが出てデュースへ。
ストローク勝負で打ち勝った錦織に再びブレイクチャンスが来ると、ヤングのショットがアウトとなり、錦織がブレイクに成功。

第4ゲーム、ファーストポイントをヤングに取られますが、錦織がフォアハンドのウィナーやフリーポイントなどで4連続ポイントを取って、錦織がキープ。

第5ゲーム、錦織のリターンエース、見事なパッシングショットが決まるなど0-40と錦織にブレイクチャンスが来ます。
ヤングのショットがネットにかかり、錦織がラブゲームでブレイクに成功。

第6ゲーム、30-0から錦織のミスと連続ダブルフォルトで30-40とヤングにブレイクチャンスが来ます。
最後も錦織にミスが出て、ヤングがブレイクに成功。

第7ゲーム、15-30と錦織がポイントを先行しますが、錦織のもったいないミスなどがあり、ヤングがキープ。

第8ゲーム、ヤングが粘りを見せ、錦織にミスが出るなど30-40とヤングにブレイクチャンスが来ますが、錦織がピンチを凌いでデュースへ。
デュースから錦織のウィナーが連続で決まって、錦織がキープ。

第9ゲーム、錦織のすばらしいパッシングショット、ヤングのスマッシュを返してからの見事なコートカバーリングを見せてポイントを取るなど、15-40と錦織にセットポイント(ブレイクチャンス)が来ます。
ヤングが1本凌ぎますが、錦織のリターンエースが決まって、錦織が第1セットを先取。

第1セット
123456789101112
錦織6
ヤング3
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク
錦織第1セットヤング
0サービスエース1
2ダブルフォルト0
58%(14/24)ファーストサーブ確率62%(18/29)
36%(5/14)1st Serve Points Won39%(7/18)
70%(7/10)2nd Serve Points Won27%(3/11)
50%(4/8)ブレイク / チャンス50%(2/4)
1/2ネットポイント3/8
58%(31/53)Total Points Won42%(22/53)
9Winner 合計5
5フォアハンド4
4バックハンド0
0サーブ1
9Unforced error 合計7
3フォアハンド4
4バックハンド3
2サーブ0

第2セット

錦織のサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、錦織のボレーミスなどがあり0-40とヤングにブレイクチャンスが来ると、錦織にストロークミスが出て、ヤングがブレイクに成功。

第2ゲーム、ヤングのフォアハンドのウィナー、サービスエース、錦織のミスなどがあり、ヤングが危なげなくキープ。

第3ゲーム、30-30まで行きますが、錦織がキープ。

第4ゲーム、ヤングがキープ。

第5ゲーム、0-30とヤングにポイントを先行されますが、ヤングのミスなどがあり錦織が4連続でポイントを取ってキープ。

第6ゲーム、15-40と錦織にブレイクチャンスが来ると、ヤングのショットがアウトとなり、錦織がブレイクバックに成功。

第7ゲーム、お互いにミスが出る展開で30-40とヤングにブレイクチャンスが来ると、積極的に攻め続けたヤングがブレイクに成功。

第8ゲーム、ヤングがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、ヤングのリターンエース、錦織のミスがあり30-40とヤングにセットポイント(ブレイクチャンス)が来ますが、錦織が凌いでデュースへ。
デュースから錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーとフリーポイントが決まり、錦織がキープ。

第10ゲーム、ヤングのサービングフォーザセット。
ヤングのスマッシュ、錦織のバックハンドのウィナー、錦織のロブのミス、ヤングのサーブアンドボレーが決まり、40-15とヤングにセットポイントが来ます。
錦織のリターンがアウトとなり、ヤングがキープして第2セットを奪取。

第2セット
123456789101112
錦織4
ヤング6
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク
錦織第2セットヤング
0サービスエース1
0ダブルフォルト0
57%(17/30)ファーストサーブ確率54%(13/24)
59%(10/17)1st Serve Points Won69%(9/13)
38%(5/13)2nd Serve Points Won73%(8/11)
100%(1/1)ブレイク / チャンス67%(2/3)
4/5ネットポイント6/6
41%(22/54)Total Points Won59%(32/54)
7Winner 合計7
6フォアハンド6
1バックハンド0
0サーブ1
12Unforced error 合計6
9フォアハンド4
3バックハンド2
0サーブ0

ファイナルセット

錦織のサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、0-30とヤングにポイントを先行されデュースまで行きますが、錦織がキープ。

第2ゲーム、錦織のすばらしい攻め、リターンエース、ヤングのウィナーとミスがあり15-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、ヤングがサーブ2本でピンチを凌いでデュースへ。
このゲームで錦織に4本のブレイクポイントがありましたが、ヤングがキープ。

第3ゲーム、錦織のダブルフォルトなどがあり30-30まで行きますが、錦織のサービスエースとフォアハンドのウィナーが決まり、錦織がキープ。

第4ゲーム、30-15からヤングに連続でミスが出て30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、ヤングのワイドへのサーブが決まってデュースへ。
ヤングがキープ。

第5ゲーム、40-15からこの試合初めて打ったドロップショットが決まって、錦織がキープ。

第6ゲーム、ヤングがキープ。

第7ゲーム、錦織の3本のミスがありデュースまで行きますが、錦織がキープ。

第8ゲーム、ヤングがキープ。

第9ゲーム、ヤングのリターンエース、フォアハンドのウィナーが決まり15-30とヤングにポイントを先行されますが、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、サービスエース、ウィナー級のショットが決まって錦織がキープ。

最後のポイントで錦織の決めに行ったショットを取りに行こうとしたヤングが右足首をひねって転倒。
しばらく起き上がれませんでしたが、大事には至っておらず大丈夫そうな様子。

第10ゲーム、ヤングのスマッシュミス、錦織のすばらしいロブショット、ヤングのミスがあり15-40と錦織にマッチポイント(ブレイクチャンス)が来ますが、ヤングが積極的に攻めてピンチを凌いでデュースへ。
ヤングのフリーポイントとサービスエースが決まって、ヤングがキープ。

第11ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第12ゲーム、30-0から錦織のパッシングショット、ヤングの連続ミスがあり30-40と錦織にマッチポイント(ブレイクチャンス)が来ますが、錦織の決めに行ったバックハンドのダウンザラインへのショットがネットにかかりデュースへ。
ヤングが連続でサーブだけでポイントを取ってキープ。

タイブレーク、ファーストポイントを錦織がキープ。

次のヤングのサービス2本で、ヤングのミスと錦織のバックハンドのクロスへのウィナーが決まって、錦織が連続でミニブレイクに成功。

3-0と錦織がリードして、錦織のサービス2本。
1本目で錦織にミスが出て、ヤングが1本ミニブレイクを返します。

4-1と錦織がリードしてヤングのサービス2本。
2本目でヤングにミスが出て、錦織がミニブレイク。

5-2と錦織がリードして錦織のサービス2本。
1本目、錦織のウォッチミスでヤングがミニブレイク。
2本目、錦織のフォアハンドのウィナーが決まって6-3と錦織にマッチポイントが来ます。

ヤングがサービス2本をキープ。

6-5と錦織がリードして錦織のサービス2本。
1本目、錦織がファーストサーブでフリーポイントを取って勝利。

第3セット
123456789101112T
錦織77
ヤング56
○:サービスキープ、●:ブレイク、T:タイブレーク

ファイナルセットに入って、ヤングに1度もブレイクポイントを与えないなど錦織のサービスゲームが安定し、錦織がリターンでいつブレイクをするのかという試合展開でしたが、タイブレークまでもつれてしまいました。

錦織第3セットヤング
2サービスエース1
1ダブルフォルト0
58%(25/43)ファーストサーブ確率62%(36/58)
76%(19/25)1st Serve Points Won67%(24/36)
61%(11/18)2nd Serve Points Won50%(11/22)
0%(0/8)ブレイク / チャンス0%(0/0)
1/3ネットポイント5/10
52%(53/101)Total Points Won48%(48/101)
14Winner 合計12
8フォアハンド6
4バックハンド4
2サーブ2
19Unforced error 合計15
10フォアハンド9
8バックハンド6
1サーブ0

錦織の3回戦の対戦相手は!?

錦織選手の3回戦の対戦相手は、世界ランキング32位のフアン・マルティン・デルポトロ選手(28歳・アルゼンチン)。

フアン マルティン・デルポトロ
※更新日:2019年3月22日 現在。 フアン マルティン・デルポトロ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

過去の対戦成績は、錦織選手の1勝5敗。

直近の試合は2017年のBNLイタリア国際の3回戦で、デルポトロ選手がセットカウント2-0(7-6、6-3)で勝利しています。

さすがに錦織選手が2回戦の状態のままだとかなり厳しいですが、1日空くのでしっかりと修正してくれればなと思います。

コメント