【ブリスベン国際】 錦織、2回戦の結果(2017年)

2017年ブリスベン国際の2回戦について、錦織選手とドナルドソン選手のプレイヤー情報、2回戦の結果とスタッツを見ていきます。

2017年ブリスベン国際の大会結果については、『 2017年ブリスベン国際、大会結果 』をご覧ください。

【2017年】ブリスベン国際の大会結果(ATP250)
【2017年】ブリスベン国際の大会結果(ATP250)
2017年1月第1週(2017年第1週)に開催されるATP250「ブリスベン国際」の1回戦から決勝までの結果を見ていきます。
スポンサーリンク

プレイヤー情報(2回戦)

まずは、対戦両者のプレイヤーデータの紹介です。(※大会前のデータ)
錦織選手が、若手の挑戦をどう跳ね返すかという試合になりそうです。

錦織 圭 ドナルドソン
0勝 対戦成績 0勝
5位(4位) 最新ランキング(最高) 105位(96位)
日本 国籍 アメリカ
27歳 年齢 20歳
178cm / 75kg 身長 / 体重 188cm / 75kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
2007年 プロ転向 2014年
0勝0敗 2017年成績 0勝0敗
0回 2017年優勝回数 0回
301勝142敗 通算成績 11勝19敗
11回 通算優勝回数 0回

対戦相手のドナルドソン選手についての詳しい情報は、『 選手名鑑:ジャレド・ドナルドソン 』をご覧ください。

ジャレド・ドナルドソン
ジャレド・ドナルドソン
※更新日:2017年3月1日 現在。 ジャレド・ドナルドソン選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

※以下、結果の記事ついては、「選手」を略して、書いていきます。

錦織、2回戦の結果!

前日にダブルスで試合を行っていますが、錦織にとって、シングルスでは2017年最初の試合になります。

結果は、セットカウント2-1で、シーズン初戦を勝利。
第1セットの立ち上がりがよかっただけに、まさかフルセットにまで、もつれるとは思いませんでした。

ブリスベン国際 2回戦(2017年1月4日)
[3] 錦織 圭(5位) 2 4 6 6
ジャレド・ドナルドソン(105位) 1 6 4 3
試合時間:2時間23分

スタッツ(試合全体)を見てみると、普通に試合をした感じに見えます。ただ、セットごとに見ると良い時と悪い時が出ていて、それが平均化されてよくわからないですね。

錦織 試合全体 ドナルドソン
3本 サービスエース 6本
3本 ダブルフォルト 4本
62%(66/107) ファーストサーブ確率 57%(54/95)
71%(47/66) 1st Serve Points Won 59%(54/95)
44%(18/41) 2nd Serve Points Won 49%(20/41)
41%(22/54) 1st Serve Return Points Won 29%(19/66)
51%(21/41) 2nd Serve Return Points Won 56%(23/41)
5/13 ブレイク / チャンス 4/8
53%(108/202) 取得ポイント合計 47%(94/202)

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・1st Serve Return Points Won:相手のファーストサーブが入った時にリターンポイントを取得した確率。
・2nd Serve Return Points Won:相手のセカンドサーブが入った時にリターンポイントを取得した確率。


セットごとに、どんな試合の流れだったか振り返っていきます。

第1セット

錦織のサービスで試合開始。第1ゲームからストロークが冴え、あっさりキープ。

ドナルドソンは、リスクを負って強打で打開しようとするも、錦織がそれをしっかり受け止め、第2ゲームをいきなりブレイク。

第3ゲーム以降も完全に錦織ペースで、第4ゲームもブレイク。
ここまでは一方的な感じで、あっさり試合が終わるのではないかと思わせる内容でした。

しかし、第5ゲームで、1ゲームで3本のダブルフォルトが出るほか、ストロークで微妙にコントロールのズレが出始め、ブレイクを許してしまいます。
さすがに1ゲームでダブルフォルト3本はいただけませんね。

せっかくいい流れで来ていたのに、自滅で流れを失うのはもったいないです。
その後、ドナルドソンのストロークが決まりだして、完全に息を吹き返してきます。

ここからまさかの展開で、第5ゲームから第10ゲームまで、ドナルドソンが何と6ゲーム連取!?

ドナルドソンのストロークもよかったですが、要所で錦織のミスが出てしまい、ゲームを取りきれないという展開が続いて、ズルズル相手のペースになっていきました。

第4ゲームまでの流れから、信じられない展開になり、ドナルドソンが第1セットを取ります。

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 4
ドナルドソン 6
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

1試合を通して、錦織のダブルフォルトは3本でしたが、その3本はすべて第5ゲームに出たものでした。

その後は、ドナルドソンの勢いに押される展開で、錦織のセカンドサーブを叩いてくるようになって、サービスゲームでポイントを取るのに苦労していました。

ファーストサーブの確率も悪く、サービスから流れも作れずストロークでもミスが出始め、ほんと悪循環に陥っていました。

錦織 第1セット ドナルドソン
1本 サービスエース 2本
3本 ダブルフォルト 2本
51%(20/39) ファーストサーブ確率 48%(16/33)
55%(11/20) 1st Serve Points Won 56%(9/16)
42%(8/19) 2nd Serve Points Won 47%(8/17)
40%(7/16) 1st Serve Return Points Won 45%(9/20)
53%(9/17) 2nd Serve Return Points Won 58%(11/19)
2/4 ブレイク / チャンス 3/5
49%(35/72) 取得ポイント合計 51%(37/72)

第2セット

錦織のサービスで第2セット開始。
第1セットの嫌な流れを払拭するように、第1ゲームをあっさりキープ。

第2ゲームは、0-40から3本のブレイクポイントを逃すものの、デュースの末、ブレイクに成功。

第3ゲームは、ゲームポイントをなかなか取れず、12分以上の長いサービスゲームになりましたが、何とかキープ。

第5ゲームで錦織のミスショットが続いて、ブレイクを許してしまいます。

その後は、お互い何とかキープし続けて迎えた、第10ゲーム。急にやってきたセットポイント、錦織がワンチャンスを活かし、見事ブレイクに成功。

ドナルドソンのリスクを負った強打が深く返って来たり、錦織にもったいないミスが出たりと苦しい展開でしたが、第2セットを何とか奪い、第3セットに持ち込みます。

第2セットもすっきりしない内容ではありましたが、地力の差でもぎ取ったという感じです。こういう嫌な流れでもしっかり試合を作れるのは、錦織の強さだと思います。

ドナルドソンのショットも、全てが決まっているわけではないので、第3セットでは再び錦織ペースに持って行きたいところです。

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
ドナルドソン 4
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

第2セットでは、錦織のファーストサーブの確率が改善され、サービスゲームから流れを徐々に取り戻せた感じです。
セカンドサーブになると、相変わらずドナルドソンは叩いてくるので、ファーストサーブの確率が上がったのは、流れを変える意味でほんと良かったです。

ストローク勝負になると、まだドナルドソンの勢いが残っており、簡単にポイントを取れていませんが、地力の差が出たセットでした。

錦織 第2セット ドナルドソン
2本 サービスエース 3本
0本 ダブルフォルト 2本
76%(31/41) ファーストサーブ確率 60%(24/40)
74%(23/31) 1st Serve Points Won 58%(14/24)
20%(2/10) 2nd Serve Points Won 50%(8/16)
42%(10/24) 1st Serve Return Points Won 26%(8/31)
50%(8/16) 2nd Serve Return Points Won 80%(8/10)
2/7 ブレイク / チャンス 1/2
53%(43/81) 取得ポイント合計 47%(38/81)

第3セット

錦織のサービスで第3セット開始。
第3ゲームまで、お互いキープの展開が続きます。

第4ゲームで、錦織のスーパーショットが連発し、ブレイクに成功。

フルセットの錦織の本領発揮と言った感じで、第5ゲームもしっかりキープ。錦織のストロークが上回り始めると、第2セットまで見せていたドナルドソンの勢いが、次第に失われていきます。

今まで決まっていた強打がネットにかかったり、ラインオーバーしたりと、ドナルドソンがポイントを取るのに苦労する一方、錦織は第1セットの出だしのようにショットが決まり出しました。

そして、サービングフォーザマッチとなる第9ゲーム。ブレイクポイントを握られましたが、しっかり凌いで第3セットを取り、セットカウント2-1で錦織の勝利。

2017年のスタートは、見てる側としてはハラハラする展開でしたが、しっかり勝ち切ってくれました。

第3セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
ドナルドソン 3
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

第3セットは、ファースサーブの確率は高くないものの、ストロークでドナルドソンを上回って、今まで苦労していたセカンドサーブでもポイントを取れるようになっていました。

最後の第9ゲームのサービスゲームで、ヒヤリとする場面もありましたが、錦織がドナルドソンのプレーに慣れてきて、上手く対処できるようになっていった感じです。

スタッツを見ても、第3セットは完全に上回っていますし、全体を通して欲を言えば、もう少しリターンでのポイントが取れたらな、というくらいです。

錦織 第3セット ドナルドソン
0本 サービスエース 1本
0本 ダブルフォルト 0本
56%(15/27) ファーストサーブ確率 64%(14/22)
87%(13/15) 1st Serve Points Won 64%(9/14)
67%(8/12) 2nd Serve Points Won 50%(4/8)
36%(5/14) 1st Serve Return Points Won 13%(2/15)
50%(4/8) 2nd Serve Return Points Won 33%(4/12)
1/2 ブレイク / チャンス 0/1
61%(30/49) 取得ポイント合計 39%(19/49)

2回戦を振り返っての感想

錦織選手の試合後のインタビュー(英語)です。

まずは、ドナルドソン選手のプレーについて、予想していたより、しっかりとしたストロークを持っていて、若さ溢れるすばらしいプレーだったと思います。
第3セットで完全に錦織ペースになってきたところでも、最後まであきらめずいいプレーを続けていましたし、「Next Generation player」としての今後の活躍を見ていきたいですね。

一方、錦織選手のすばらしい立ち上がりを見た時は、こんな展開になるとは予想できませんでしたが、しっかりと勝ち切ってくれました。

錦織選手に挑戦してくる相手は、リスクを負ってガンガン強打してくることもありますし、それがハマると本当に厄介です。
今回は自滅から流れを失った感じもありましたが、どんな形でも勝ちに持っていける強さは健在でしたね。

試合の余韻に浸るまもなく、錦織選手はシングルスの試合が終わった直後に、ダブルス準々決勝に登場。結果は、0-2で負けました。
2時間23分の試合をこなしたばかりなのに、大変です。

明日は、シングルスの試合が組まれていないので、しっかり体を休めて欲しいですね。

次の準々決勝の対戦相手はなんと!?

フェレール選手ではなく、世界ランキング79位のジョーダン・トンプソン選手(オーストラリア)です。

正直、フェレール選手が勝ち上がってくると思ったんですが、まさかの逆転負けでした。
地元オーストラリアの声援の後押しもあり、トンプソン選手の粘りのあるプレーで、互角の戦いをしていました。

フェレール選手だと思って、事前に『 選手名鑑:ダビド・フェレール 』を作っていたんですけど、よかったら見てやってください。

そして、急遽、トンプソン選手の情報を集めて、『 選手名鑑:ジョーダン・トンプソン 』を作りました。

ジョーダン・トンプソン
ジョーダン・トンプソン
※更新日:2017年6月13日 現在。 ジョーダン・トンプソン選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

ほとんど情報がなく、2回戦のドナルドソン選手のように、相手の特徴を探りながらの戦いとなるのではないでしょうか。
怖いのは、地元オーストラリアの応援団の声援の大きさかもしれません。

トンプソン選手との準々決勝の結果は、『【ブリスベン国際】 錦織、準々決勝の結果(2017年)』をご覧ください。

【ブリスベン国際】 錦織、準々決勝の結果(2017年)
【ブリスベン国際】 錦織、準々決勝の結果(2017年)
2017年ブリスベン国際の準々決勝について、錦織選手とトンプソン選手のプレイヤー情報、準々決勝の結果とスタッツを見ていきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする