2017年全豪オープン、錦織のドロー展望!


2017年の全豪オープンのドローが発表されました。
対戦が決まったクズネツォフ選手との1回戦、錦織選手のドロー展望、錦織選手の全豪オープンでの過去の成績について見ていきます。

2017年全豪オープンの大会前情報については、『2017年全豪オープン、大会前情報(大会概要、ドロー、放送予定)』で詳しく紹介しています。

【2017年】全豪オープンの大会情報、ドロー表、放送予定
【2017年】全豪オープンの大会情報、ドロー表、放送予定
2017年、全豪オープンの「大会概要」、「シングルスのドロー」、「放送予定」、「大会スケジュール」です。 開催期間:2017年1月16日~1月29日。
スポンサーリンク

錦織選手の対戦相手候補

1回戦 クズネツォフ(48位)
2回戦 アルマグロ(43位) or シャルディー(71位)
3回戦 ラモス=ビノラス(26位)
4回戦 ベルディヒ(10位) or フェデラー(17位)
準々決勝 マレー(1位)
準決勝 ワウリンカ(4位)or チリッチ(7位)
決勝 ジョコビッチ(2位)

錦織選手のドロー展望の前に、まずは対戦相手が決まっている1回戦について見ていきます。

1回戦の相手はクズネツォフ選手!?

錦織選手を応援している方は、この選手について覚えているのではないでしょうか?
2016年に全仏オープンとウィンブルドンで2回対戦していますね。

クズネツォフ選手の詳しい情報、錦織選手との対戦成績については『アンドレイ・クズネツォフ』をご覧ください。

アンドレイ・クズネツォフ
アンドレイ・クズネツォフ
※更新日:2017年6月13日 現在。 アンドレイ・クズネツォフ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

2016年の対戦では、どちらもストレートで勝利。

プレースタイルとしては、とにかく攻撃的なテニスをする選手で、フォアハンドとバックハンドでガンガン攻めてくる印象です。
錦織選手の初戦と考えると、こういう攻撃的な選手はハマると厄介なので、気をつけたいところです。

錦織選手のセカンドサーブになるとガンガン叩いてくると予想されるので、ファーストサーブの確率を上げて、サービスゲームを安定させたいですね。
前哨戦のブリスベン国際での錦織選手は、準決勝と決勝でファーストサーブの確率が70%を超えていたので、全豪オープンでも高い確率で決めて欲しいところです。

あとは、去年から磨いてきたネットプレーを上手く組み合わせて、単調な打ち合いにしないようにするくらいですね。
ブリスベン国際でのネットプレーの成功率はかなり高かったです。

ミスを連発するとか、よほど調子が悪いとかでない限り、しっかり勝ってくれると思います。

錦織選手のドロー展望

最初に錦織選手の決勝までの対戦予想を書きましたが、4回戦からタフな組み合わせとなりました。
世界ランキング4位に入って第4シードを確保しないと、どこに入ってもドローが厳しく見えてしまいます。

マレー選手と同じブロックに入り、2016年の全米オープンとまったく同じパターンです。
準々決勝でマレー選手に何とか勝てたとしても、準決勝はワウリンカ選手。そして、決勝はジョコビッチ選手。

今回さらに厳しいのは、怪我でランキングを落としているフェデラー選手と4回戦で対戦する可能性があることです。
もちろん怪我明けで万全な状態でない可能性もあるので、ベルディヒ選手が勝ち上がってくることも考えられます。

フェデラー選手に勝つことで、さらに自信をつけてマレー選手に挑めると、ポジティブに考えます。

試合展開としては、フェデラー選手は、錦織選手とストローク勝負に持ち込まず、早い展開でショートポイントを取ってくるのではないかなと思います。
そうなれば錦織選手にとっても体力の消耗は少なくなるだろうし、あとはフェデラー選手の早いテンポに対応できるかどうかですね。

もちろんフェデラー選手も厳しいですが、4回戦で第9シードのナダル選手と当たる可能性もあったので、個人的にはナダル選手を避けられてよかったなと思っています。

ナダル選手とストローク勝負をして勝てたとしても、フィジカル面で相当なダメージが残ってしまうので、準々決勝でマレー選手と戦う体力がなくなっている可能性があります。
オーストラリアの30度を超える暑さの中、ナダル選手と死闘を演じる、想像しただけで疲れますね。

錦織選手、全豪オープンで優勝はあるか!?

確かにドローを見ただけで厳しいと、トップ選手の実力を知っているファンなら、なおさらそう見えてしまいます。

錦織選手本人も「優勝するには1大会での爆発力が必要」と言っていましたが、比較的楽なドローになったとしても、その爆発力が出なければ優勝は厳しいと思います。
(マレー選手とジョコビッチ選手が早々に敗退するハプニングがあれば別ですが・・・)

1大会を通して爆発力が発揮されたのは、誰もが記憶に残っている2014年の全米オープンですね。
あの時は、4回戦ラオニッチ選手、準々決勝ワウリンカ選手、準決勝ジョコビッチ選手、決勝チリッチ選手。
タフなドローだった上に、4時間を超える戦いを2試合こなした後にジョコビッチ選手に勝利するなど、想像をはるかに超える結果を残してくれました。

あの時のような1大会通して爆発力が発揮されれば、このタフなドローでも可能性はあると思っています。

ただ、去年の全米オープンでのマレー戦のように1試合のみの爆発力があっても、次の試合でガス欠のようになったら厳しいですね。
錦織選手も「あの時は暑さと湿気で、かなり体力を削られた」と言っていました。

今まで以上に、錦織選手も手応えを感じて2017年シーズンを迎えているので、いちファンとしては信じて応援するのみです。

錦織選手の過去の全豪オープンでの成績

錦織選手の全豪オープンの通算成績は20勝7敗と、グランドスラムの中で一番いい成績を残しています。
負けた相手を見るとランキングが上の選手ばかりと、毎回いいところまでは勝ち上がっているんですが、あとひとつ殻を破って欲しいですね。

成績 対戦相手
2016 準々決勝 ジョコビッチ(1位)
2015 準々決勝 ワウリンカ(4位)
2014 4回戦 ナダル(1位)
2013 4回戦 フェレール(5位)
2012 準々決勝 マレー(4位)
2011 3回戦 ベルダスコ(9位)
2009 1回戦 メルツァー(32位)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする