【2017年】サンクトペテルブルク、メスの結果(ATP250)


2017年9月第3週(2017年第38週)に開催されたATP250の2大会「サンクトペテルブルク・オープン(サンクトペテルブルク)」、「モゼール・オープン(メス)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)

2017年9月18日から9月24日にサンクトペテルブルク(ロシア)で開催されたATP250「サンクトペテルブルク・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第3シードのファビオ・フォニーニ選手が準決勝で第1シードのロベルト・バウティスタアグート選手を破って、決勝に進出。

ノーシードのダミール・ズムル選手が1回戦で第6シードのパオロ・ロレンツィ選手、準決勝で第8シードのヤンレナード・ストルフ選手を破って、決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1ロベルト・バウティスタ アグート13位ベスト4
2ジョーウィルフリード・ツォンガ18位ベスト8
3ファビオ・フォニーニ29位準優勝
4アドリアン・マナリノ31位2回戦
5フィリップ・コールシュライバー34位2回戦
6パオロ・ロレンツィ38位1回戦
7ビクトル・トロイツキ47位ベスト8
8ヤンレナード・ストルフ54位ベスト4

※「Rank」は2017年9月11日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年9月17日 決勝(サンクトペテルブルク/室内ハード)
[3] ファビオ・フォニーニ (29位)1642
ダミール・ズムル (55位)2366
試合時間:1時間53分

2017年のサンクトペテルブルク・オープンの決勝。

ダミール・ズムル選手(25歳・ボスニア・ヘルツェゴビナ)が第3シードのファビオ・フォニーニ選手(30歳・イタリア)を3-6、6-4、6-2のフルセットの末に破り、見事ツアー初優勝を飾りました。

ズムル選手は今年の8月にウィンストン・セーラムでツアー初の決勝進出(準優勝)を果たしたばかりで、その勢いのまま今大会でもすばらしい活躍を見せ、ツアー2回目の決勝でツアー初優勝となりました。

フォニーニ選手は惜しくも敗れ、今シーズン2回目の優勝とはなりませんでした。

モゼール・オープン(ATP250)

2017年9月18日から9月24日にメス(フランス)で開催されたATP250「モゼール・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードだったパブロ・カレーニョブスタ選手はドロー発表後に左手の怪我により棄権となりました。

第7シードのブノワ・ペール選手が準々決勝で第2シードのダビド・ゴファン選手を破るなど、決勝に進出。

予選勝者のペーター・ゴヨブチック選手が2回戦で第8シードのジル・シモン選手、準決勝で第5シードのミーシャ・ズベレフ選手を破って、決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1パブロ・カレーニョ ブスタ10位棄権
2ダビド・ゴファン12位ベスト8
3リュカ・プイユ22位2回戦
4ジレ・ミュラー23位2回戦
5ミーシャ・ズベレフ27位ベスト4
6リシャール・ガスケ30位1回戦
7ブノワ・ペール41位準優勝
8ジル・シモン43位2回戦

※「Rank」は2017年9月11日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年9月17日 決勝(メス/室内ハード)
ペーター・ゴヨブチック (95位)276
[7] ブノワ・ペール (41位)052
試合時間:1時間7分

2017年のモゼール・オープンの決勝。

ペーター・ゴヨブチック選手(28歳・ドイツ)が第7シードのブノワ・ペール選手(28歳・フランス)を7-5、6-2のストレートで破り、見事ツアー初優勝を飾りました。

ゴヨブチック選手は、ツアー初の決勝で初優勝となりました。

一方、敗れたペール選手は、2015年の楽天ジャパン・オープン以来となる約2年ぶりの決勝進出を果たしましたが、ツアー2回目の優勝とはなりませんでした。

コメント