【2017年】ズベレフ10代でツアー2勝目の快挙(2月第2週)


2017年2月第2週(2017年第6週)に開催されたATP250の3大会「南フランス・オープン」、「ソフィア・オープン」、「エクアドル・オープン」の決勝およびシード選手の結果を見ていきます。

3大会すべて、第1シードが初戦敗退となる波乱の幕開けとなりました。

スポンサーリンク

南フランス・オープン(ATP250)

2017年2月6日~2月12日に、フランス(モンペリエ)で開催されたATP250「南フランス・オープン」の結果を見ていきます。

「南フランス・オープン」の大会概要、エントリー選手(シード選手)、ドロー表

シード選手の結果

第1シードのチリッチ選手は、初戦敗退。
開幕戦のチェンナイ・オープン初戦敗退、全豪オープン2回戦敗退、南フランス・オープン初戦敗退と、2017年シーズン絶不調のチリッチ選手。
調子の波の激しさは相変わらずのようです。

※「Rank」は、2017年2月6日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 マリン・チリッチ 7位 2回戦
2 ジョーウィルフリード・ツォンガ 14位 ベスト4
3 リシャール・ガスケ 22位 準優勝
4 アレクサンダー・ズベレフ 21位 優勝
5 フェリシアーノ・ロペス 32位 2回戦
6 ミーシャ・ズベレフ 34位 1回戦
7 マルセル・グラノリェルス 39位 1回戦
8 フェルナンド・ベルダスコ 40位 2回戦

決勝の結果

2017年2月12日 決勝(フランス/室内ハード)
[4] アレクサンダー・ズベレフ(21位) 2 77 6
[3] リシャール・ガスケ(22位) 0 64 3
試合時間:1時間28分

2017年の南フランス・オープンを制したのは、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ選手(ドイツ)。
この優勝で、19歳のA・ズベレフ選手は、ATPツアー2勝目。

2000年以降、10代でツアー2勝以上を挙げた選手を見ると、そうそうたるメンバーが並んでいます。

選手名 最高ランキング
レイトン・ヒューイット 1位
アンディ・ロディック 1位
ラファエル・ナダル 1位
ノバク・ジョコビッチ 1位
アンディ・マレー 1位
フアン・マルティン・デルポトロ 4位

デルポトロ選手は怪我がなければ、さらにランキングを上げていたはずの実力のある選手で、A・ズベレフ選手も将来の世界ランキング1位を期待されるだけの結果をしっかり残しています。

そして、A・ズベレフ選手は、2月13日付の世界ランキングで自己最高の18位となりました。

また、A・ズベレフ選手は、兄のミーシャ・ズベレフ選手と組んで、ダブルスでも優勝。
同様の優勝パターンは、2011年に楽天ジャパン・オープンで、アンディ・マレー選手がシングルス優勝、兄弟でダブルス優勝を果たしています。

同大会3連覇を狙ったガスケ選手は、惜しくも準優勝となりましたが、世界ランキングは22位から3つ順位を上げ19位。

両選手とも次週のATP500ロッテルダム大会に出場予定。
A・ズベレフ選手は第1シードのドミニク・ティエム選手と、ガスケ選手はビクトル・トロイツキ選手と1回戦で対戦。

ATP500ロッテルダム「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の大会情報

ソフィア・オープン(ATP250)

2017年2月6日~2月12日に、ブルガリア(ソフィア)で開催されたATP250「ソフィア・オープン」の結果を見ていきます。

「ソフィア・オープン」の大会概要、エントリー選手(シード選手)、ドロー表

シード選手の結果

第1シードのティエム選手は、初戦敗退。
2月に失効ポイントが多いティエム選手は、結果を残していかないとトップ10維持は厳しくなってきます。

※「Rank」は、2017年2月6日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 ドミニク・ティエム 8位 2回戦
2 ダビド・ゴフィン 11位 準優勝
3 グリゴール・ディミトロフ 13位 優勝
4 ロベルト・バウティスタ アグート 16位 ベスト4
5 ジレ・ミュラー 29位 ベスト8
6 フィリップ・コールシュライバー 28位 欠場
7 マルコス・バグダティス 35位 欠場
8 マルティン・クリザン 36位 ベスト8

決勝の結果

2017年2月12日 決勝(ブルガリア/室内ハード)
[3] グリゴール・ディミトロフ(13位) 2 7 6
[2] ダビド・ゴフィン(11位) 0 5 4
試合時間:1時間38分

2017年のソフィア・オープンを制したのは、第3シードのグリゴール・ディミトロフ選手(ブルガリア)。

地元開催で見事優勝を果たしたディミトロフ選手は、今シーズン早くもツアー2勝目。
ブリスベン国際優勝、全豪オープンベスト4、ソフィア・オープン優勝と、2017年シーズンはここまで14勝1敗と絶好調です。

この結果、ディミトロフ選手は世界ランキング12位となり、いよいよトップ10復帰が目前に迫ってきました。

一方、決勝で敗れたゴフィン選手。
全豪オープンの準々決勝でもディミトロフ選手と対戦して敗れており、トップ10を争うライバルであり、負けられない直接対決で2戦2敗。
このままでは先にディミトロフ選手に10位の座を持って行かれそうです。

両選手とも次週のATP500ロッテルダム大会に出場予定。
ディミトロフ選手はミーシャ・ズベレフ選手と、ゴフィン選手はアンドレイ・クズネツォフ選手と1回戦で対戦。
そして、準々決勝まで勝ち進むと、またこの両者の対戦となります。

ATP500ロッテルダム「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の大会情報

エクアドル・オープン(ATP250)

2017年2月6日~2月12日に、エクアドル(キト)で開催されたATP250「エクアドル・オープン」の結果を見ていきます。

「エクアドル・オープン」の大会概要、エントリー選手(シード選手)、ドロー表

シード選手の結果

第1シードのカロビッチ選手は、初戦敗退。

※「Rank」は、2017年2月6日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 イボ・カロビッチ 18位 2回戦
2 アルベルト・ラモス ビノラス 30位 ベスト4
3 パオロ・ロレンツィ 46位 準優勝
4 トマス・ベルッシ 100位 ベスト4
5 アレクサンドル・ドルゴポロフ 67位 1回戦
6 オラシオ・セバジョス 72位 1回戦
7 チアゴ・モンテイロ 85位 1回戦
8 レンソ・オリボ 103位 ベスト8

決勝の結果

2017年2月12日 決勝(エクアドル/クレー)
ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(156位) 2 62 7 78
[3] パオロ・ロレンツィ(46位) 1 77 5 66
試合時間:2時間33分

2017年のエクアドル・オープンを制したのは、36歳のビクトル・エストレーリャ ブルゴス選手(ドミニカ共和国)。

ブルゴス選手は、同大会を3連覇。
2015年から新設されたエクアドル・オープンの優勝者は、もちろんブルゴス選手のみ。
そして、ブルゴス選手のキャリア通算3回のツアー優勝もこの大会のもので、ブルゴス選手のための大会となっています。

両選手とも次週のATP250アルゼンチン・オープンに出場予定。
ブルゴス選手はチアゴ・モンテイロ選手と、ロレンツィ選手はジェラルド・メルツァー選手と1回戦で対戦。

ATP250「アルゼンチン・オープン」の大会情報

最新の世界ランキング
2017年のATPワールドツアー全日程