【2017年】ロス・カボス、キッツビュールの結果(ATP250)


2017年8月第1週(2017年第31週)に開催されたATP250の2大会「ロス・カボス・オープン(ロス・カボス)」、「ゼネラリ・オープン(キッツビュール)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロス・カボス・オープン(ATP250)

2017年7月31日から8月5日にロス・カボス(メキシコ)で開催されたATP250「ロス・カボス・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第2シードのサム・クエリー選手はシード選手と当たることなく勝ち進み、決勝に進出。

ワイルドカードで出場となった世界ランキング454位のタナシ・コキナキス選手が1回戦で第8シードのフランシス・ティアフォー選手、準決勝で第1シードのトマーシュ・ベルディヒ選手を破る活躍を見せ、ツアー初の決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1トマーシュ・ベルディヒ14位ベスト4
2サム・クエリー24位優勝
3アルベルト・ラモス=ビノラス23位2回戦
4フェリシアーノ・ロペス28位ベスト8
5イボ・カロビッチ31位1回戦
6フェルナンド・ベルダスコ38位2回戦
7アドリアン・マナリノ42位ベスト8
8フランシス・ティアフォー67位1回戦

※「Rank」は2017年7月31日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年8月5日 決勝(ロス・カボス/ハード)
タナシ・コキナキス (454位)1362
[2] サム・クエリー (24位)2636
試合時間:1時間46分

2017年のロス・カボス・オープンの決勝。

第2シードのサム・クエリー選手(アメリカ)が期待の若手21歳のタナシ・コキナキス選手(オーストラリア)を6-3、3-6、6-2とフルセットの末に破り、見事ツアー優勝を飾りました。

クエリー選手は2017年シーズン2回目の優勝で、通算10回目の優勝。

惜しくも敗れたコキナキス選手は1年半近く怪我に悩まされてきましたが、5月に復帰して今回ツアー初の決勝進出を果たし、今後の活躍に注目です。

ゼネラリ・オープン(ATP250)

2017年7月31日から8月5日にキッツビュール(オーストリア)で開催されたATP250「ゼネラリ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

ジョアン・ソウザ選手が2回戦で第3シードのパオロ・ロレンツィ選手を破って勝ち上がり、決勝に進出。

フィリップ・コールシュライバー選手が2回戦で第7シードのイジー・ベセリー選手、準決勝で第2シードのファビオ・フォニーニ選手を破って、決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1パブロ・クエバス27位2回戦
2ファビオ・フォニーニ25位ベスト4
3パオロ・ロレンツィ36位2回戦
4ジル・シモン37位2回戦
5ロビン・ハーセ52位1回戦
6ヤンレナード・ストルフ53位2回戦
7イジー・ベセリー48位2回戦
8オラシオ・セバジョス57位2回戦

※「Rank」は2017年7月31日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年8月5日 決勝(キッツビュール/クレー)
ジョアン・ソウザ (62位)034
フィリップ・コールシュライバー (47位)266
試合時間:1時間22分

2017年のゼネラリ・オープンの決勝。

フィリップ・コールシュライバー選手(ドイツ)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-3、6-4のストレートで破り、約1年3ヶ月ぶりとなるツアー優勝を飾りました。

コールシュライバー選手はツアー通算8回目の優勝で、そのうちクレーコートでの優勝は6回。

一方、敗れたソウザ選手は2015年11月のバレンシア・オープン以来となるツアー3勝目とはなりませんでした。

コメント