【2017年】シドニー、オークランドの結果(ATP250)


2017年シーズン1月第2週にATPワールドツアー・250シリーズ「アピア国際シドニー」と「ASBクラシック」の2大会が開催されました。

「アピア国際シドニー」と「ASBクラシック」の決勝の結果を見ていきます。

※記事内のランキングは大会が始まる前のランキングです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アピア国際シドニー(ATP250)

2017年1月8日~1月14日に、オーストラリア(シドニー)で開催された「アピア国際シドニー」について見ていきます。

エントリー選手(第8シードまで)

翌週に全豪オープンが開催されることもあり、トップ選手で出場してきたのは世界ランキング8位のティエム選手だけでした。
ティエム選手は、2016年シーズンを28大会出場と過酷なスケジュールをこなしてきましたが、トップ10入りした2017年も休む気はないようです。

去年の優勝者は、ビクトル・トロイツキ選手(同大会を2連覇中)。

シード選手名ランキング
1ドミニク・ティエム8位
2パブロ・クエバス22位
3ビクトル・トロイツキ29位
4パブロ・カレーニョ ブスタ30位
5フィリップ・コールシュライバー32位
6ジレ・ミュラー34位
7マルティン・クリザン35位
8マルセル・グラノリェルス37位

決勝の結果

2017年1月14日 決勝(オーストラリア/ハード)
[6] ジレ・ミュラー(34位)2776
ダニエル・エバンス(67位)0652
試合時間:1時間29分

2017年のアピア国際シドニーを制したのは、第6シードのジレ・ミュラー選手(ルクセンブルク)。
33歳のミュラー選手が悲願のATPツアー初優勝を果たしました。

ミュラー選手は、これまで5度の決勝進出がありましたが、すべて準優勝。
6度目の挑戦となった決勝、家族が見守る中でツアー初タイトルを獲得し、表彰式で涙を流すシーンもありました。

この結果で、ミュラー選手の世界ランキングが自己最高の28位に上がることが決定。

一方、決勝で敗れたエバンス選手。
準々決勝で第1シードのティエム選手を破る活躍も見せ、その勢いのまま決勝進出。ATPツアー初優勝がかかっていましたが、残念ながら準優勝となりました。
エバンス選手は、2016年に世界ランキングトップ100位を突破し、ここ1年でランキングを大きく上げており、この結果で自己最高の51位に上がることが決定。

次週の全豪オープンの1回戦では、ミュラー選手は19歳のテイラー・フリッツ選手(アメリカ)と、エバンス選手はファクンド・バグニス選手(アルゼンチン)と対戦。

ASBクラシック(ATP250)

2017年1月9日~1月14日に、ニュージーランド(オークランド)で開催された「ASBクラシック」について見ていきます。

エントリー選手(第8シードまで)

翌週に全豪オープンが開催されることもあり、こちらの大会もランキングを上げたい選手にとって、チャンスのある大会となりました。

第1シードとして出場予定だった昨年の優勝者のバウティスタ アグート選手は、ウイルス性の胃炎により欠場となりました。

シード選手名ランキング
1欠場(ロベルト・バウティスタ アグート)13位
2ジョン・イスナー19位
3ダビド・フェレール21位
4ジャック・ソック23位
5アルベルト・ラモス=ビノラス26位
6フェリシアーノ・ロペス28位
7スティーブ・ジョンソン33位
8マルコス・バグダティス36位

決勝の結果

2017年1月14日 決勝(ニュージーランド/ハード)
[4] ジャック・ソック(23位)2656
ジョアン・ソウザ(44位)1373
試合時間:1時間56分

2017年のASBクラシックを制したのは、第4シードのジャック・ソック選手(アメリカ)。

ソック選手は、2016年の同大会でも決勝に進出していましたが、途中棄権で準優勝。
去年の雪辱を果たし、2015年4月以来となるツアー2勝目を挙げました。

この結果で、ソック選手の世界ランキングが自己最高の20位に上がることが決定。

次週の全豪オープンの1回戦では、ソック選手はピエール=ユーグ・エルベール選手(フランス)と、ソウザ選手はジョーダン・トンプソン選手(オーストラリア)と対戦。

1月第2週の結果が反映されたATP世界ランキングについては、『ATPランキング(2017年1月16日付)』をご覧ください。

ATPランキング(2017年1月16日付)
2017年1月16日付のATP世界ランキングが発表されました。 男子シングルスのトップ50のランキングと日本人(300位以内)のランキングです。

1月第3週に始まる全豪オープンの情報については、『2017年全豪オープン、大会前情報(大会概要、ドロー、放送予定)』をご覧ください。

【2017年】全豪オープンの大会情報、ドロー表、放送予定
2017年、全豪オープンの「大会概要」、「シングルスのドロー」、「放送予定」、「大会スケジュール」です。 開催期間:2017年1月16日~1月29日。

コメント