ATPランキング試算(2017年10月・上海後)


2017年10月8日から10月15日に上海(中国)でマスターズ1000「上海ロレックス・マスターズ(上海マスターズ)」が開催されます。

今回はランキング上位20名+αの上海マスターズ後の10月16日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク

2017年10月16日付のランキング試算

はじめに、10月16日付のランキングについて、2016年の上海ロレックス・マスターズでのポイントが10月16日に失効日を迎え、2017年の同大会でのポイントと入れ変わる形となります。

まずはトップ20+αの2016年の上海ロレックス・マスターズの結果を紹介します。

マレー選手が優勝を飾り、バウティスタアグート選手が準優勝。

ジョコビッチ選手とシモン選手がベスト4という結果でした。

順位 選手名 10月9日
point
2016
上海
1 ナダル 9,875 2回戦
2 フェデラー 7,505 欠場
3 マレー 6,290 優勝
4 A.ズベレフ 4,400 3回戦
5 チリッチ 4,155 2回戦
6 ジョコビッチ 4,125 ベスト4
7 ティエム 3,925 欠場
8 ワウリンカ 3,540 3回戦
9 ディミトロフ 3,455 2回戦
10 ゴファン 3,055 ベスト8
11 カレーニョブスタ 2,855 1回戦
12 ラオニッチ 2,690 3回戦
13 バウティスタアグート 2,525 準優勝
14 錦織 圭 2,475 欠場
15 アンダーソン 2,470 2回戦
16 イスナー 2,470 1回戦
17 クエリー 2,445 1回戦
18 ツォンガ 2,420 ベスト8
19 ベルディヒ 2,195 2回戦
20 ソック 2,175 ベスト8
21 キリオス 2,045 2回戦

トップ20+αの基礎ポイント

トップ20+αの基礎ポイントを見ていきます。

順位 選手名 10月9日
point
失効
point
基礎
point
1 ナダル 9,875 10 9,865
2 フェデラー 7,505 0 7,505
3 マレー 6,290 1,000 5,290
4 A.ズベレフ 4,400 90 4,310
5 チリッチ 4,155 10 4,145
6 ジョコビッチ 4,125 360 3,765
7 ティエム 3,925 0 3,925
8 ワウリンカ 3,540 90 3,450
9 ディミトロフ 3,455 45 3,410
10 ゴファン 3,055 180 2,875
11 C ブスタ 2,855 10 2,845
12 ラオニッチ 2,690 90 2,600
13 B アグート 2,525 600 1,925
14 錦織 圭 2,475 0 2,475
15 アンダーソン 2,470 45 2,425
16 イスナー 2,470 10 2,460
17 クエリー 2,445 10 2,435
18 ツォンガ 2,420 180 2,285*
19 ベルディヒ 2,195 10 2,230*
20 ソック 2,175 180 1,995
21 キリオス 2,045 45 2,000
  • 10月9日ポイント
  • 2017年10月9日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2017年10月16日に失効日を迎える2016年の上海ロレックス・マスターズのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「10月9日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2017年の上海ロレックス・マスターズのポイントを加算すれば、次回発表される10月16日付のATPランキングと同じになります。

※今大会を欠場するツォンガ選手とベルディヒ選手の基礎ポイントについて、マスターズ出場義務の免除の条件を満たすため0ポイントの加算ではなく、現在ランキング対象の18大会の圏外となっているポイント(それぞれ45ポイント)が繰り上がって加算される形になります。

上海ロレックス・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名 基礎
point
1 ナダル 9,865
2 フェデラー 7,505
3 マレー 5,290
4 A.ズベレフ 4,310
5 チリッチ 4,145
6 ティエム 3,925
7 ジョコビッチ 3,765
8 ワウリンカ 3,450
9 ディミトロフ 3,410
10 ゴファン 2,875
11 カレーニョブスタ 2,845
12 ラオニッチ 2,600
13 錦織 圭 2,475
14 イスナー 2,460
15 クエリー 2,435
16 アンダーソン 2,425
17 ツォンガ 2,285
18 ベルディヒ 2,230
19 キリオス 2,000
20 ソック 1,995
21 バウティスタアグート 1,925

<欠場者の情報>
マレー選手、ジョコビッチ選手、ワウリンカ選手、ラオニッチ選手、錦織選手、ツォンガ選手、ベルディヒ選手は2017年上海ロレックス・マスターズを欠場。

1位~3位争い

ナダル選手の1位、フェデラー選手の2位は確定。

A.ズベレフ選手が優勝した場合、A.ズベレフ選手が3位に上がり、マレー選手が4位となります。

それ以外ではマレー選手が3位。

4位~10位争い

暫定9位のディミトロフ選手まで4位の可能性がありますが、A.ズベレフ選手とチリッチ選手の4位争いとなりそうです。

4位争いに加わっていきたい暫定6位のティエム選手ですが、ハードコートシーズンに入ってからまったくいいところがなく、そろそろ結果を出したいところです。
そして、順当に勝ち上がった場合に準々決勝で暫定4位のA.ズベレフ選手と対戦することになります。

暫定9位のディミトロフ選手は準決勝に進出した場合にジョコビッチ選手とワウリンカ選手を抜いて7位まで上がりますが、準々決勝で1位のナダル選手との対戦になるので、今大会後での7位は厳しいかもしれません。

そして、30ポイント差で暫定10位のゴファン選手と暫定11位のカレーニョブスタ選手の二人による10位争いとなっていますが、この二人はATPファイナルズへの初出場もかかっているので、とにかく結果を残して1ポイントでも多くポイントを稼ぎたいところです。

その他

トップ10以下を見ると、前年準優勝だったバウティスタアグート選手はすでに1回戦で敗退しており、13位から21位以下にまで一気に順位を落とすこととなりました。

また、バウティスタアグート選手はATPファイナルズ出場へ向けてポイントを稼ぐことができず、まだ可能性は残っていますが厳しい状況となりました。

2017年上海ロレックス・マスターズの結果

2017年上海ロレックス・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。